インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  オランダ・ハーグ派展 近代自然主義絵画の成立

オランダ・ハーグ派展 近代自然主義絵画の成立

■ゴッホが激賞したハーグ派、日本初紹介
【会期終了】 19世紀後半のオランダに花開いた、ハーグ派。ゴッホが「大物(マストドン)」と賞賛したハーグ派にスポットを当てた展覧会は、日本で初めての開催です。
屋外での自然観察をベースに、風景や田園生活を描いたハーグ派。その作品を展観すると、同時代のバルビゾン派からの影響を抜きには語れません。本展でも序章として、まずバルビゾン派の作品が紹介されます。

バルビゾン派は、1830年代~70年代にフランスのバルビゾン村に集まった画家たちによる芸術家グループ。コローやルソー、ミレーなどで知られています。

神話や宗教、英雄などを主題にしていたそれまでの絵画と異なり、身近な風景やたくましく生きる農民などをそのままの姿で描画していったバルビゾン派。自然と向き合って屋外の光を画面に取り入れた表現は、新しい時代の絵画として多くの支持を集めていきました。


序章「バルビゾン派」

続いてハーグ派の作品です。北海に面したハーグは、アムステルダムとロッテルダムに次ぐオランダ第3の都市。産業革命後に都市化が進んだ両市とは異なり、19世紀になるまで田園が残り、干拓地や海岸など豊かな自然を有する町でした。

鉄道が普及すると各都市と結ばれ、大いなる田舎でありながら都市にも近い環境は、バルビゾンそっくり。ハーグにも同様の主張を持つ画家たちが集まるようになりました。


「ハーグ派」

バルビゾン派との類似を意識せざるを得ないハーグ派ですが、大きな違いは、この地がオランダである事。ハーグ派の人々は新しい絵画の中にも、レンブラントやフェルメールを生んだ17世紀のオランダ黄金時代の伝統を重ね合わせていきました。

その顕著な例が、室内画です。農民や漁民の日常生活を描いた作品はバルビゾン派のミレーの影響を感じさせる一方で、「窓から光が差し込む室内画」の構図は、言うまでもなくフェルメールの十八番です。

バルビゾン派と明確に異なる作品として、海景画もご紹介しましょう(バルビゾンは内陸なので、海の絵はありません)。漁船を入れた穏やかな漁の姿とともに、漁民の労働や日常にもスポットを当てています。


「ハーグ派」

終章ではゴッホとモンドリアンが紹介されています。ハーグ派は19世紀後半には求心力を失っていきますが、ハーグ派にルーツを持つ二人のオランダ人画家は、近代美術史に大きな足跡を残しました。

ハーグに住んでいた事があり、この地で絵画を学んだゴッホ。この時代のゴッホの書簡では、ゴッホが尊敬してやまなかったハーグ派の芸術家たちについて、繰り返し言及されています。

最初期の抽象絵画家であるモンドリアンも、ハーグ派から強い影響を受けた一人です。1890年代にはハーグ派の作品を模写し、ハーグ派でも多く描かれた風車も描きました。展示されている風車の絵は色彩の単純化が進んでおり、モンドリアンの代名詞である幾何学的抽象への萌芽を見ることができます。


終章「フィンセント・ファン・ゴッホとピート・モンドリアン」

本展は全国を回る巡回展で、昨年7月から始まった山梨展を皮切りに、新潟展、広島展、山口展、福島展、損保ジャパン東郷青児美術館と続き、福井展が最後の巡回となります。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月17日 ]

西洋の美術

菊地 健三 (著), 島津 京 (著), 濱西 雅子 (著)

晶文社
¥ 3,240

料金一般当日:1,000円
 → おとくなチケットはこちらからicon

 
会場損保ジャパン東郷青児美術館
開催期間2014年4月19日(土)~6月29日(日)
所在地 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index.html
展覧会詳細へ オランダ・ハーグ派展 近代自然主義絵画の成立 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社