インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東京・ソウル・台北・長春-官展にみる-それぞれの近代美術

東京・ソウル・台北・長春-官展にみる-それぞれの近代美術

■日本による官展と、アジア美術の近代化
【会期終了】 フランスのサロンにならって始まった日本の官展。明治から昭和初期にかけて日本が統治した台湾と韓国(旧朝鮮)、強い影響下にあった中国東北部(旧満州)でも、日本の制度を取り入れて官設の公募美術展覧会が行われていました。
4つの官展に着目し、アジアの近代美術を紹介する展覧会。府中市美術館では、まず満州の官展から紹介していきます。

満州では皇帝溥儀の日本訪問を記念して1937年に訪日宣詔記念美術展が開催。翌年から満州国美術展として1945年の第8回展まで催されました。

終戦の混乱とその後の中国の歴史の中で、満州国展の出品作は今のところ見つかっていません。会場では写真などの資料のほか、出展作家による同時代の作品などが紹介されています。

満州国展の出品者名簿には中国人、朝鮮人、白系ロシア人、日本人などの名前が残されています。政策的な意図も見え隠れしますが、満州が多民族国家である事を示しています。


満州の官展

次は日本の官展です。1907年に始まった文部省美術展覧会(文展)は、勧業博覧会の美術部門が独立して始まりました。

出品物を審査して優品を選ぶことで産業振興を図った勧業博と同様に、文展も審査は最重要事項。そのため審査制度を巡るトラブルは多く、度重なる規定の改定、審査員の離脱、著名美術団体の不参加などが繰り返されました。

文展は後に帝展と名前を変え、時の文相による改組騒動(松田改組)を経て新文展に。在野の団体も含めた全美術界を横断する大展覧会は、1940年の「紀元二千六百年奉祝美術展覧会」で実現しましたが、その後の官展は戦時体制の中に埋没していく事となります。

この章には、お馴染みの作家の名前が並びます。松林桂月、荒木十畝、山口蓬春、前田青邨、藤島武二、小林萬吾、梅原龍三郎、安井曾太郎らは他の官展の審査員も務めています。


日本の官展

朝鮮美術展覧会は1922年から開催。日本の植民地の中では最も早く、1944年まで計23回行われました。

東洋画、西洋画、書の3部構成だった朝鮮美展。書部は日本の内地でも審査対象に入っていませんでしたが、朝鮮では層が厚かったこともあり、文人画とともに対象とされました(文人画は当初は東洋画部に、後に書部に組み組まれました)。

出品作家は朝鮮人より日本人の方がはるかに多く、審査員もほとんどが日本人。朝鮮人審査員と日本人審査員には謝礼にも大きな差があるなど、政治的にも中立とは言い難い組織でした。一方で、多くの美術家が朝鮮美展に挑むことによって韓国近代美術の一翼を担い、その論評を通じて卓越した評論家も輩出したことも事実です。


朝鮮の官展

台湾美術展覧会は1927年の開設。計16回開催されました。

台湾展もほとんどの審査員は日本人。台湾展で表彰されることは大きな名誉であり、台湾の作家たちはその土地らしい主題や表現を模索しながら作品を描いていきました。

台湾では作品展示の機会も限られているため、台湾のエリート画家たちにとっては日本の官展で入選し、特選を得る事も大きな目標でした。


台湾の官展

ソウル(旧京城)、台北、長春(旧新京)で開催されていた3つの官展。政治的な制約の中でも、各地の美術家が懸命に美術の近代化を目指した姿を俯瞰できる展覧会です。アジアの中での日本の立ち位置について様々な議論がおこる中で本展が開催できた事にも、大きな意義があるように思いました。

本展は全国巡回展。福岡アジア美術館からはじまり、府中市美術館が2会場目。最後が兵庫県立美術館(2014年6月14日~7月21日)です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年5月13日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場府中市美術館
開催期間2014年5月14日(水)~6月8日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会詳細へ 東京・ソウル・台北・長春-官展にみる-それぞれの近代美術 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社