インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  天才陶工 仁阿弥道八

天才陶工 仁阿弥道八

■写しの怜悧、彫塑のユーモア
【会期終了】 多数の陶工が活躍し、野々村仁清が活躍した江戸時代初期に続く第二の黄金時代を迎えていた幕末の京都。代表的な名工のひとり、仁阿弥道八(にんなみどうはち 1783-1855)にスポットを当てた企画展が、サントリー美術館で開催中です。
東京での京焼の展覧会は、先日まで出光美術館で開催されていた「仁清・乾山と京の工芸 ─ 風雅のうつわ」に続いてとなりますが、実はこれはかなり稀な出来事。そもそも京焼の展覧会の数が多く無い事に加え、京焼陶工の個人名を冠した展覧会に限ると、仁清・乾山の他では真葛焼の宮川香山の名があがる程度でした。

仁阿弥道八は、現在でも関西の茶席では「仁阿弥」と呼ばれるなど人気を博していますが、これまで仁阿弥の作品がまとまって公開される機会は、意外にも少なかったといいます。会場にはボストン美術館からの里帰りも含めて、184件の作品が並びます。


会場入口から

仁阿弥道八は京焼の陶工・初代高橋道八の次男。自身は二代高橋道八ですが「仁阿弥」と号しました。

仁阿弥の陶業は、半世紀にも渡ります。高級な茶道具の「写し」(茶道具の需要が高まっていたこの時代、写しの技量は陶工に求められる重要な能力でした)、文人の間で流行した煎茶の道具、華やかな懐石道具の鉢など、数多くの作品を手掛けています。


会場

仁阿弥の作品でとりわけ目を引くのが、彫塑的な作品の数々。置物、手焙(てあぶり:中に炭を入れて暖をとるための容れ物)、炉蓋(ろぶた:茶室の炉を覆う蓋)などで、極めてユーモラスな作品を多く残しています。

展覧会メインビジュアルになっている寿老人は《色絵寿星立像》。高さ72.5センチという大型の像で、仁阿弥が手掛けた多くの寿老人像の中でも最大級の作品と思われます。生き生きとした作風は、冷静な観察眼を持つ「写し」の名工と同一人物と思えないほどです。


第5章「彫塑的作品 置物・手焙・炉蓋」

仁阿弥は自らの窯を操業する一方で、御庭焼(おにわやき:地方の藩主などが城内で焼かせた陶磁器)の指導も行いました。紀州では「紀州偕楽園焼」に参画し、讃岐高松藩では「讃窯(さんがま)」を創始。会場には御庭焼の指導者としての仁阿弥の作品も紹介されています。


第6章「御庭焼の指導者として」

エデュケーション・プログラムとして記念講演会(2/1)、ワークショップ(親子向けと一般向け、ともに2/15)も開催されます。いずれも事前予約制、詳しくは公式サイトでご確認ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月19日 ]

「技」の巨匠100人「技」の巨匠100人

世界文化社 (著)

世界文化社
¥ 1,296

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2014年12月20日(土)~2015年3月1日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 天才陶工 仁阿弥道八 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社