インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  名物刀剣 ―宝物の日本刀―

名物刀剣 ―宝物の日本刀―

■信長、秀吉、家康。武士の魂を一望
【会期終了】 武士の魂といえば、刀。日本刀は武士にとって最も大切な道具であり、名刀をもつことは武士の誇りとされていました。将軍家や大名家に伝わった「名物(めいぶつ)刀剣」の特別展が、根津美術館 で開催中です。
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。戦国時代に天下取りに命運をかけた武将たちは、「名物茶器」と同様に「名物刀剣」の蒐集にも意を尽くしました。優秀で名高い刀は家の大切な道具とされ、家の格式を示す証と考えられていたのです。

彼等が集めた刀剣は「足利将軍家御物(ごもつ)」や「太閤御物」と呼ばれ、また各地の大名家や公家などの名家に伝わる由緒の品は「御家名物(おいえめいぶつ)」として後世に伝わりました。江戸時代中期に本阿弥家がまとめた名刀一覧は、後に「享保名物帳」と呼ばれ、これに所載された刀剣は、以後「名物刀剣」としての評価が定着しました。


展示室1

本展は、根津美術館 にとって10年ぶりとなる刀剣の展覧会。名物刀剣を中心に国宝9件、重要文化財22件、重要美術品3件を含む約50件が一堂に展示されました。

刀剣の展示は難しく、最適な角度で適切な照明を当てなければその魅力を充分に伝えることはできません。根津美術館 では今回の特別展のために、刀剣用の照明器具を独自に開発しました。光ファイバーを通してハロゲンライトを作品に近い位置から当て、光の角度を正確に調整することで、刀身の全体像と美しい刃文を見られるように工夫したとのこと。リニューアル後の根津美術館 は展示照明の美しさでも高い評価を受けていますが、今回も手に取るように名物を鑑賞することができます。


国宝 刀 金象嵌銘 光忠/光徳(花押)◇独自開発の照明装置で、美しく輝く刀身。

名物刀剣の歴史は、武士の歴史でもあります。歴女に代表されるように、若い人の歴史ファンが増えている昨今。歴史好きにとっても本展は見逃せません。

長い太刀を好んだ上杉景勝が持っていた「備州長船兼光」、桶狭間で織田信長が今川義元から召し上げた「義元左文字」、秀吉の妻・おねから徳川秀忠に献上された「三日月宗近」。鋭い輝きの中に、我が国の長い歴史を感じとることができるでしょう。


展示室2

東京・青山にある根津美術館 。東武鉄道の社長などを務めた実業家の初代根津嘉一郎が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するために1941年に開館しました。戦災による消失、再建、増築などの後、3年半をかけた大規模な改修工事が行なわれ、2009年10月にリニューアルオープンしました。

大きな屋根が印象的な建物は、サントリー美術館も手がけた隈研吾氏による設計です。国宝7件を含む充実した日本・東洋古美術の所蔵品はもとより、エントランスから館内に至るアプローチ、広大な日本庭園を眺めながら一休みできる「NEZUCAFÉ」など、建物も見どころいっぱい。携帯端末向けのwebアプリを先日リリースするなど、新しいアプローチも積極的に行なっています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年8月26日 ]
 
会場根津美術館
開催期間2011年8月27日(土)~9月25日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 名物刀剣 ―宝物の日本刀― 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社