インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  中国宮廷の女性たち 麗しき日々への想い 北京藝術博物館所蔵名品展

中国宮廷の女性たち 麗しき日々への想い 北京藝術博物館所蔵名品展

■西太后は天才画家?
【会期終了】 明・清の皇帝の寺院である万寿寺の中にある北京藝術博物館。北京市文物局に直属する総合博物館で、特に明清時代の工芸品は質の高さで良く知られています。所蔵品の中から書画や染織・金工・陶磁器・琺瑯(ほうろう)など各種の工芸品など118点を紹介、あの悪女が描いた画も出展中です。
万寿寺は明朝の1577年の創建。清代に何度かの拡張を経て、皇室の重要な寺院になりました。

全国重点文物保護単位の一つでもあるこの寺院に設けられているのが、北京藝術博物館です。原始時代から明清までの中国古美術品を所蔵・公開する一方で、海外の美術展も行われており、浮世絵や伊万里焼の展覧会が開催された事もあります。

本展は北京藝術博物館の所蔵品から、女性をテーマにセレクトした逸品を6章で紹介する企画。まずは刺繍からです。

伝統的な女性の手仕事である刺繍。中国の宮廷では、最高級の技を駆使した糸による芸術が作られました。子孫の繁栄や健康・長寿などを意味する吉祥のモチーフには、女性たちの願いが現れています。


第1章「女性の手仕事 ─ 刺繍」

続いて服装と装飾品。明朝は漢民族の服、清朝では満州族の服と様式が異なりますが、どの時代においても階級ごとに違いがありました(清代末期には満州族と漢民族の服装は融合していきます)。

装飾品は首飾や串飾、佩飾(首や腰に吊るす装身具)など。美しく身を飾るのは、いつの時代も女性の憧れです。金、玉、琥珀、ガラス、そしてカワセミの羽まで使った多彩な装飾品が並びます。


第2章「鳳凰の儀容 ─ 服装」、第3章「簪と朝の化粧 ─ 装飾品」

明から清の時代は、女性の書画家が数多く活躍しました。北京藝術博物館には、在野の女性書画家だけでなく、上流階級の女性が残した書画も数多く伝わっています。

中でも最高位といえるのが慈禧、すなわち西太后が書いた書画です。「中国四大悪女」のひとりとされる西太后は、実は教養豊かな人物。書も画も人並み以上の作品を作っています。

とはいえ、実は代筆が多いのも事実。「慈禧 御筆」と書かれていても、その多くは繆嘉蕙による代筆とも言われています。確かに良く見ると、同じ作者とは思えないほどレベルに差があります(つまり、下手な方が西太后の真筆の可能性が高い作品です)。


第4章「薫り高き心 ─ 書画」

上階は家居生活と文玩書籍。清代末期の中国陶磁器がこれだけまとまって出展されるのは、ちょっと珍しいかもしれません。

ここでは目立つ人物像を二点ご紹介しましょう。ひとつは《清贈一品夫人汪母王夫人像》。一品は皇帝が任命する最高位の官位で、この像はその夫人の肖像。総理大臣の奥様の肖像画、といったところでしょうか。

もうひとつは、展覧会のメインビジュアルでもある《清代公主像》。描かれた人物が特定されていないにも関わらず、皇帝の娘である「公主」と名づけられているのは、身に着けている冬の朝服からです。

また、さらに分かりやすいポイントが、服に描かれた龍の爪。五本の爪を持つ龍は、皇帝とその一族しか用いてはならないのです。《公主像》の龍は五本、《一品夫人像》は四本です。


第5章「奇巧を尽す ─ 家居生活」、第6章「文雅の室 ─ 文玩書籍」

中国人と日本人。同じ東アジアに住み、似たような顔立ちですが、習慣や考え方が異なる事は少なくありません(例えば中華圏の人に対し、慶事に置時計や掛時計を贈るのは極めて無礼です。傘もNG。理由は図録でご確認ください)。それぞれに違いがあるのは当たり前。その上で、次のステップに進みたいものです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月8日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999


■中国宮廷の女性たち 麗しき日々への想い に関するツイート


 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2015年6月9日(火)~7月26日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 中国宮廷の女性たち 麗しき日々への想い 北京藝術博物館所蔵名品展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社