インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  速水御舟とその周辺 ─ 大正期日本画の俊英たち

速水御舟とその周辺 ─ 大正期日本画の俊英たち

■日本画革新への挑戦
【会期終了】 大和絵や琳派といった日本絵画から西洋の写実絵画までさまざまな手法を取り入れながら、新しい日本画を追求した速水御舟(1894-1935)。40歳の若さで早世しましたが、日本画の歴史に鮮やかな軌跡を残しました。世田谷美術館で開催中の没後80年記念展、6月2日から後期展がはじまっています。
速水御舟といえば、2点の重要文化財を所蔵する山種美術館が頭に浮かぶ方も多いはず。山種では時おり作品が紹介されますが、実は公立美術館での大規模回顧展はあまり開催されていません(1980年の京都国立近代美術館、2008年の平塚市美術館のみ)。評価が高い事もあって多くの作品を一堂に集める事はなかなか難しく、本展は貴重な機会となりました。

後期展では、展覧会メインビジュアルの《菊花図》が会場の冒頭で展示されています。御舟が27歳で描き、写実的な表現はデューラーや中国の宋代院体画からの影響を受けたものです。隣で紹介されている大作《女二題 其一・其二》も含め、会場には下絵やスケッチも紹介されているので、創作の過程も楽しむ事ができます。


《菊花図》と《女二題 其一・其二》

御舟は浅草生まれ、14歳で生家の筋向いにあった安雅堂画塾に入門しました。師の松本楓湖は歴史画の大家ですが、塾には後に日本画の革新を進めた今村紫紅や、ライバルとなった小茂田青樹など、先進的な顔ぶれが揃っていました。

1914年に今村紫紅が安雅堂画塾の若手メンバーを集めて立ち上げたのが「赤曜会」、御舟や青樹も参加しました。赤地に黒で「悪」と印したバッジを付け、印象派を真似て戸外で写生するなど、伝統にとらわれずに活動しましたが、発足後約1年でリーダーの今村紫紅が35歳で急死。赤曜会は解散してしまいます。


第1章「安雅堂画塾—師・松本楓湖と兄弟子・今村紫紅との出会い」、第2章「赤曜会—紫紅と院展目黒派」

赤曜会の解散後も、新しい日本画に挑み続けた御舟。同じように新たな表現を求めていたのが小茂田青樹でした。

小茂田青樹は御舟より3歳年長ですが、安雅堂画塾に入門したのは奇しくも同日(御舟が午前、青樹は午後でした)。互いに刺激しあう存在でしたが、青樹は咽頭結核のため1933年に41歳で早世。2年後に御舟も腸チフスのため40歳で亡くなっています。

第3章では御舟と青樹を対峙させるように紹介。猫、菖蒲と燕子花、朝顔など、同じテーマで描いた両者の画風を比べてお楽しみください。


第3章「速水御舟と小茂田青樹」

御舟は制作に専念するために弟子を取らない主義でしたが、デッサンと古画模写の研究会を開催し、若手の育成にも情熱を注いでしました。

第4章では二人の愛弟子を取り上げました。ひとり目が高橋周桑。御舟の画集と評を見て感激し、入門を切望。あまりの熱心さに御舟が根負けして、一番弟子にしました。

もう一人は吉田善彦。金箔を使った独自の「吉田様式」を確立した善彦は、御舟の弟子であると同時に、姻戚関係もありました(御舟の妻が善彦の従姉)。また、善彦は世田谷区在住で、1998年に世田谷美術館で回顧展を開催。この展覧会の成功が、今回の御舟展のきっかけにもなりました。


第4章「御舟一門 高橋周桑と吉田善彦」から、高橋周桑の作品

すでに後期に入っているため、会期末まで残り僅か。山種美術館で6月27日から始まる「前田青邨と日本美術院 ―大観・古径・御舟―」展では、速水御舟による重要文化財《炎舞》が2年ぶりに特別公開されますので、山種の前に、セタビへどうぞ。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月12日 ]

もっと知りたい速水御舟―生涯と作品もっと知りたい速水御舟―生涯と作品

尾崎 正明 (監修)

東京美術
¥ 1,728

 
会場世田谷美術館
開催期間2015年5月2日(土)~7月5日(日)
所在地 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL : 03-3415-6011
HP : http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
展覧会詳細へ 速水御舟とその周辺 ─ 大正期日本画の俊英たち 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社