インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015

えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015

■夜の水族館、ふたたび
【会期終了】 昨年、33万人以上が来場した新江ノ島水族館の夜間スペシャルイベント。今年はチームラボとのコラボレーションで、新しい夜の水族館の楽しみ方を提案します。
昨年はネイキッド(NAKED Inc. 村松亮太郎代表)によるプロジェクションマッピングが話題となった新江ノ島水族館の夜間イベント(昨年の模様はこちら)。今年は、日本科学未来館で開催された「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」が大評判だったウルトラテクノロジスト集団チームラボのデジタルアートが、夜の"えのすい"を彩ります。

導入付近に設けられたのが《呼応する球体と夜の魚たち》。通路を覆う光の球体は、人が叩くなどの衝撃で色が変化。そのまわりの球体も反応するように色が変化していきます。


《呼応する球体と夜の魚たち》

続いて《呼応する小さな海》。小さな水槽があるエリアで、人がガラス面に近づくと水槽の色が変化し、色特有の音が流れます。

さらに、近くの水槽も呼応。同じ光に変化して、音色が響いていきます。


《呼応する小さな海》

"えのすい"のシンボルである相模湾大水槽は一面がプロジェクションされ、花々が咲き渡るアート空間になりました。

《花と魚 ─ 相模湾大水槽》と名付けられたコンテンツで、映像そのものが水槽照明に代わって空間を照らします。水槽のまわりの花々は、魚が近くを横切るといっせいに散っていく仕組み。映像は変化し続けることとなります。

水槽のガラス面に近い場所を、エイやサメなど表面積が大きい魚が通る時がシャッターチャンスです。お見逃しなく。


《花と魚 ─ 相模湾大水槽》

2013年に発表された《お絵かき水族館》も館内で楽しめます。

紙に自由に魚の絵を描き、スキャンしてもらうと、自分が描いた魚が大画面上のスクリーンを泳ぎ回る、というもの。手をかざすと魚はいっせいに逃げていきます。

せっかくですのでインターネットミュージアムのロゴを描いたカメも、泳がせていただきました。


《お絵かき水族館》

オーシャンバーにも「光るカクテル」など、大人向けのメニューが登場。水族館の入場料金のみでお楽しみいただけます(開催は17時からです)。

※2015年12月4日(金)からはクリスマス仕様になり、セレモニーにはオフィシャルサポーターの栗山千明さんも登場しました。ニュースはこちらです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月15日 ]

えのすい 愛しのクラゲたちえのすい 愛しのクラゲたち

新江ノ島水族館(愛称:えのすい) (著)

セブン&アイ出版
¥ 1,512

 
会場新江ノ島水族館
開催期間2015年7月18日(土)~12月25日(金) 17:00~20:00
所在地 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
TEL : 0466-29-9960
HP : http://www.enosui.com/
展覧会詳細へ えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社