インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後100年 宮川香山

没後100年 宮川香山

■明治超絶工芸の真打
【会期終了】 焼物とは思えない精緻な高浮彫で欧米の度胆を抜き、一転して取り組んだ釉下彩・釉彩でも高い評価を獲得した宮川香山(1842-1916)。没後100年のメモリアルイヤーに、その全容を俯瞰する大規模展がサントリー美術館で開催されています。
首都圏で開催される宮川香山展は、2014年に神奈川県立歴史博物館で開催された「眞葛焼 ─ 田邊哲人コレクションと館蔵の名品 ─」展以来。今回は出展100点超という大規模な展覧会です。

京都・真葛ヶ原(まくずがはら)で陶工の家に生まれた宮川香山。京都で家督を継ぎますが、横浜に移住して本格的に「眞葛焼」を始めました。

貿易港ではあっても、陶産地ではない横浜。道具・材料・陶工に至るまで、陶産地なら簡単に入手できるものも、横浜ではそうはいきません。

そんなリスクを冒してまで香山が横浜に出たのは「外人ノ情況ト其意向トヲ考ヘ 海外輸出ニ適スル物ヲ製」するため。その香山の狙いは、見事に当たる事となります。


会場冒頭の「高浮彫」作品は、構成としては2章。1章の初期作品は、まだ穏やかな作風です

当時、外国人に人気を集めていたのは薩摩焼。ただ、多くの金(きん)を使うため値段が高く、貴重な金が海外流出する事も好ましくありませんでした。

薩摩焼に代わる輸出向け陶器として香山が考えたのが、陶器の表面を浮彫や造形物で装飾する「高浮彫」です。動植物などさまざまなモチーフを写実的に立体で表現し、器の表面を濃密に彩る斬新な手法でした。

他に類を見ない個性的な作品は、海外で「その価を問わず購入せしめんとす」と言われるほど爆発的にヒット。国内外の博覧会でも受賞を重ね、「マクズウェア」の名は日本陶磁史に燦然と輝く金字塔を打ち立てました。


第2章「高浮彫の世界」

香山は高浮彫の人気に溺れる事なく、明治10年代半ばになると新たなスタイルにも挑戦。釉薬と釉下彩の研究を進め、陶器から磁器へのシフトを進めていきます。

ひとくくりに「陶磁器」と言いますが、両者は焼成温度も異なり、似て非なるもの。両方の技術を身につけるのは至難の業ですが、香山は熱心な研究で克服。磁器の作品も海外の博覧会で大いに人気を博しました。

1896(明治29)年には、陶芸分野で2人目の帝室技藝員に任命された香山。ついに陶芸界の第一人者に上り詰めました。


第3章「華麗な釉下彩・彩釉の展開」

本展はサントリー美術館としては珍しく、撮影できるエリアが設けられました(三脚・一脚・自撮り棒・フラッシュは不可)。自由に撮影し、SNSでの拡散を呼び掛けています。

外貨を獲得するために数多く作られた明治時代の超絶工芸の中でも、真打といって良い宮川香山。高浮彫はあまりの密度に、見ているだけでお腹がいっぱいになるほどです。東京展の後は、大阪(大阪市立東洋陶磁美術館:4月29日~7月31日)、愛知(瀬戸市美術館:10月1日~11月27日)に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年2月23日 ]

世界に愛されたやきもの―MAKUZU WARE眞葛焼 初代宮川香山作品集世界に愛されたやきもの―MAKUZU WARE眞葛焼 初代宮川香山作品集

山本 博士 (著), 宮川香山眞葛ミュージアム (監修)

神奈川新聞社
¥ 4,104

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■没後100年 宮川香山 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2016年2月24日(水)~4月17日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 没後100年 宮川香山 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社