インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  20th DOMANI・明日展

20th DOMANI・明日展

■テーマは「寄留者の記憶」
【会期終了】 若手芸術家が海外の大学や関係機関等で行う研修を、文化庁が支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」。1967年度からスタートし、ちょうど半世紀になりました。研修の成果を発表する「DOMANI・明日展」も、本展でちょうど20回目です。
この項でも、2013年の16回展から紹介している「DOMANI・明日展」(16th 201317th 201418th 201519th 2016)。気鋭のアーティストによる新しい表現は、いつも新鮮な刺激を感じさせてくれます。

今回のサブタイトルは「寄留者(パサジェ)の記憶 (memories of “passagers”)」。日本を離れて「寄留者」=一時的な滞在者になった作家として、11名の作品が紹介されています(ただし、正確にはうち4名が海外ベースでの活動を続けています)。いくつか作品をご紹介しましょう。

西尾美也(1982-)さんの作品は、助手のケニア人男性が、すれ違った通行人に依頼して、衣服を交換するプロジェクト。映像はユニークですが、ケニア人の日記も見せることで、アイデンティティについて問いかけます。

猪瀬直哉(1988-)さんは、今回の最年少。身の回りに起こる問題や、社会問題・環境問題をテーマにしています。大きな画面に描かれた、壮大かつ幻想的な風景。圧倒的な画力で、緊張感が漂います。

展覧会のメインビジュアルが、中谷ミチコ(1981-)さんの作品。一見では絵画のように感じますが、実はレリーフ。立体を型どった後に残る雌型の内側に着彩しています。不思議な存在感が印象的です。



毎回10名以上の作家を取り上げ続けるアニュアル展(毎年開催される美術展)そのものが、国内では稀少な存在。さらに「芸術祭」形式が広まっている現在において、ホワイトキューブの美術館が会場になっている事も珍しい傾向といえます。

公式サイトでは各作家による自己紹介の動画も掲載されています。あわせてどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月12日 ]

美術展完全ガイド2018美術展完全ガイド2018

 

晋遊舎
¥ 1,080


■DOMANI・明日展 に関するツイート


 
会場国立新美術館
開催期間2018年1月13日(土)~3月4日(日)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://domani-ten.com/
展覧会詳細へ 20th DOMANI・明日展 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社