インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  浜田知明 100年のまなざし

浜田知明 100年のまなざし

■加害の現実と、美術家の視線
【会期終了】 昨年、100歳を迎えた浜田知明(1917-)。過酷な軍隊経験を元にした『初年兵哀歌』シリーズなどで知られる、日本を代表する版画家です。初期から近作までの作品約90点を紹介する展覧会が、町田市立国際版画美術館で開催中です。
展覧会は5章構成。1~3章までは年代順です。

1章は「兵士のまなざし 刻み込んだ記憶 1951-1954年」。浜田は東京美術学校卒業後に応召され、中国大陸へ。野蛮な軍隊で想像を絶する日々を重ね、戦後にその想いをぶつけた作品が『初年兵哀歌』シリーズです。

作品は、美術家の視線をもちながら、加害性に強く迫っている事が大きな特徴です。冷たくシャープな銅版画で描かれたのは、打ち捨てられた屍体など。発表当初から注目を集め、高く評価されました。

2章は「社会へのまなざし 「見えない戦争」を描く 1956-1974年」。もはや戦後ではないと言われた50年後半にも、浜田は日本の再軍備化を揶揄。評論家に踊られる当時の美術界を皮肉った作品も作っています。


1章~2章

3章は「人へのまなざし 愛しいかたち 1974-2002年」。この時代には個々の人間にフォーカスした作品を手掛けました。眼を悪くした事からノイローゼになりましたが、落ち込んだ気分もコミカルな姿で表現するなど、それまでのシニカルな作品とは違った一面も見せています。

1980年代からは立体作品も制作。こちらもユーモラスな作品が並びます。彫刻は90代後半になってからも手掛けており、もうひとつの浜田の柱といえます。


3章

4章「新しい表現を求めて 1950年代の銅版画表現」と5章「記憶をつなぐ 時代を見つめつづけて」では、浜田以外の作品も紹介。関野凖一郎、駒井哲郎、瑛九、浜口陽三、加納光於、池田満寿夫、北岡文雄、利根山光人、太田三郎の版画が並びます。

4章には『初年兵哀歌』に至る前の作品も。浜田が銅版画に本格的に取り組み始めたのは1950年代。当時は銅版画は新しいメディアで、浜田も様々な実験を重ねながら技術を習得していきました。

会場最後には、1978年に四半世紀ぶりに取り組んだ『初年兵哀歌』作品も展示。社会と人間を鋭く見つめる視線を持ち続けています。


4章~5章

5章で紹介されている《ボタン(A)》は、核戦争を風刺した作品。核の脅威もさることながら、上長の意思を受けて盲目的に行動する部下の姿は、例の公文書問題をトレースしているかのようです。

本展は、2016年にコレクターから町田市立国際版画美術館に寄贈された作品のお披露目として開催されている企画。派手な宣伝をしている展覧会ではありませんが、ひとつひとつ の作品に、じっくり向き合っていただければと思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年3月13日 ]

浜田知明 よみがえる風景浜田知明 よみがえる風景

浜田 知明 (著)

求龍堂
¥ 3,780


■浜田知明 100年のまなざし に関するツイート


 
会場町田市立国際版画美術館
開催期間2018年3月10日(土)~4月8日(日)
所在地 東京都町田市原町田4-28-1
TEL : 042-726-2771
HP : http://hanga-museum.jp/
展覧会詳細へ 浜田知明 100年のまなざし 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社