インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  横山華山

横山華山

■知っていたら、鼻が高い
【会期終了】 江戸時代後期の京都で活躍した絵師・横山華山。画壇の潮流に左右されない自由な画風と、緻密な描写で人気を博しました。しかし、幅広い画域は美術史の中では分類しづらく、今や知る人ぞ知る絵師。忘れ去られた絵師・華山を紹介する初の回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
東京ステーションギャラリーを皮切りに、横山華山の初の大回顧展が巡回します。ボストン美術館などに渡った作品も里帰りし、総展示数は約100点に及びます。(前期後期で展示替え有)

展覧会では、画題によって画風を変えた華山の作品を、6章に分けて展示。ここでは、特に見てほしい「華山の世界」をピックアップしてご紹介します。

1章「蕭白を学ぶ」では、華山が影響を受けた絵師・曾我蕭白の作品とともに、出発点となった作品が展示されます。

華山が模写した《蝦蟇仙人図》は、蕭白の不自然さを修正し、仙人と蛙を自然な姿態で描き表しています。ただ模写をするだけではなく、憧れの蕭白を超えようとする強い意志が見て取れる作品です。

4章「山水」では、華山の名を一躍世に知らしめた作品《花洛一覧図》を展示。華山の緻密な筆遣いが堪能できます。当時の知識人である斎藤月岑が、江戸の絵師たちにも大きな影響を与えたと伝えたと『武江年表』に記しています。



そして華山と言えば、風俗画。花見などの伝統的な画題に華山独自の視点を加えて表現。身近な場所や文化・行事を詳細に描いた作品は、人々の共感を得ました。

中でも祭礼図は逸品。6章に展示されている《祇園祭礼図》は、江戸時代後期の祇園祭の全貌を、上下巻約30メートルにわたって克明に描写。華山の集大成ともいえる絵巻物です。

山鉾が詳細に描かれた《祇園祭礼図》。山鉾「鷹山」は、1826(文政9)から200年近く‘休み山’になっていますが、この画巻を参考にして復興を目指す動きが出るなど、歴史資料としても注目されています。

華山の弟子・小澤華嶽の《ちょうちょう踊図屏風》の展示は、東京展のみ。こちらは、1839(天保10)年の春の京都に住む人々が、前触れもなく思い思いに仮装をし、昼夜問わず踊り狂う様子を描いた作品です。

紋付き袴のお役人が、茫然と立ち尽くしている様子もユニークです。残念ながら、華山はこの踊りを見ることなく亡くなりましたが、もし生きていたら格好の画題となっていたことでしょう。

見れば見るほど、惹き込まれる華山の世界。間違いなく、今年注目の絵師です。この機会をぜひ、見逃さないでください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年9月21日 ]

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー リチャード(著),山本 やよい(翻訳)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2018年9月22日(土)~11月11日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ 横山華山 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社