インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展「大♡地図展」

企画展「大♡地図展」

■We LOVE 古地図♡
【会期終了】 古今東西の地図史料を収蔵する東洋文庫ミュージアム。2015年には、17世紀・オランダで制作された『大地図帳』を中心に展示した「大地図帳展」が開催されました。「大♡地図展」は、地図特集展示の第二弾。日本の古地図に焦点を当て、地図の魅力を伝える展覧会が開催中です。
日本地図を作った伊能忠敬は今年、没後200年を迎えます。地図製作の精度が飛躍的に発展した江戸時代。伊能図が完成するまで、長らく日本地図の基本形とされた《行基図》が、展覧会の最初に登場します。

《行基図》は、山城国(平安京)を中心にして、楕円形に諸国が連なっているのが特徴。不格好ですが、日本のかたちを、大まかに知ることができます。地理学的には不正確ながら、国内外で地図上に日本を描く際、長く参考にされていました。

作成者とされる行基は、8世紀の僧侶。残念ながら当時の地図は現存しません。複数種類ある《行基図》のうち、今回の展示では鎌倉時代の百科事典『捨芥抄』に収録されていたものを見ることができます。


企画展「大♡地図展」第1会場

地図としての正しさよりも、膨大な情報量と美しさで勝負した、石川流宣の《大日本国正統図》。「流宣図」とも総称される日本地図の一つです。地図好きには垂涎の資料を、至近距離で見ることができます。

地図としての機能のほか、諸国藩主の石高や、主要な街道、宿場や名所などの情報が細かく書き込まれています。旅行文化が花開いた江戸時代。庶民たちの興味対象は、列島の正確な形より、観光資源の方だったのでしょうか。

本展の目玉は、石川流宣《大日本国正統図》と、長久保赤水《改正日本輿地路程全図》が隣同士に並ぶこと。地図の変遷を間近で確認できるチャンスを、お見逃しなく。

今年は、歌川広重も没後160年を迎えました。広重は江戸から離れることなく、先行の名所図会などを資料にし、《六十余州名所図会》などの名所絵を作成しました。

東洋文庫が所蔵する浮世絵資料は、極めて保存状態が良好。摺った当初の木目の跡まで確認できるものもあります。


企画展「大♡地図展」第2会場

デジタルコンテンツも豊富です。展示室中央に用意されたモニターでは、貴重な古地図の高精細画像を活用し、実物では見づらい注目ポイントを分かりやすく紹介。細かく書かれた山の名前も目を細めずに読むことができます。

『江戸大絵図』(18世紀初頭/東洋文庫蔵)を、現在の江戸北部の立体模型に映し出した作品は、日本大学理工学部学芸員課程の学生の皆さんが作成。夏休みのすべてを、この模型に費やしました。

平面の地図を立体にすることで、広大な敷地を有していた大名屋敷が、現在では沢山の区画に分かれていることなどが、視覚的に確認することができます。

本展のタイトル「大♡地図展」の正式な読みは「だい♡ちずてん」。学芸員たちは「だい〈すき〉ちずてん」と、「♡」を「すき」と読んでいます。地図へのラブが詰まった展覧会。これを見たら、何気なく見ていた地図がきっと大好きになってしまいます。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年9月27日 ]

図説 世界古地図コレクション図説 世界古地図コレクション

三好 唯義(編集)

河出書房新社
¥ 1,944

 
会場東洋文庫ミュージアム
開催期間2018年9月15日(土)~2019年1月14日(月・祝)
所在地 東京都文京区本駒込2-28-21
TEL : 03-3942-0280
HP : http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/
展覧会詳細へ 企画展「大♡地図展」 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社