インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

■オスマン帝国を象徴する「ラーレ」
【会期終了】 トプカプ宮殿博物館(トルコ・イスタンブル)が所蔵する宝飾品、美術工芸品などの作品約170点が、国立新美術館へやってきました。トルコ国民が愛する花・チューリップに焦点を当て、東西の文化を受容・融合してきたオスマン帝国の美意識や文化を紹介していきます。
日本に対して友好的なことでも知られるトルコ。両国の交流は、1873年に岩倉使節団・団員の島地黙雷(西本願寺僧侶)と、福地源一郎(ジャーナリスト、戯曲家)が、イスタンブルに訪問したことから始まります。

両国の友情を深めたのが、1890年のオスマン帝国軍艦・エルトゥールル号遭難事故。紀伊半島沖での事故に、地元の人々は献身的に救難・介護にあたったほか、義援金を野田正太郎(時事新報記者)と、山田寅次郎(商人、後に茶道宗徧流第八代家元)がトルコヘ持参。両国友好のシンボルになりました。

オスマン帝国の頃よりトルコ人に愛されてきた「チューリップ」に焦点を当てた本展では、トプカプ宮殿博物館が所蔵する16世紀から19世紀までの宝飾品、美術工芸品などを紹介。そのほとんどが初来日です。

チューリップは、トルコ語で「ラーレ(lâle)」と呼ばれています。アラビア文字でラーレの文字配列を組み替えると、イスラム教の神のアッラーという言葉に。さらに、アラビア文字で表記されたラーレを語末から読むと、トルコ国旗のシンボルでもある三日月(ヒラール)という言葉に変わります。



会場は3章構成。第1章「トプカプ宮殿とスルタン」では、スルタンが愛用した宝飾品を展示。《宝飾兜》は、よく見ると細かくチューリップが描かれています。単眼鏡を持ってご覧ください。

第2章は、「オスマン帝国の宮殿とチューリップ」。ここでは、チューリップ文様で飾られた宮殿生活が紹介されています。

《サーイェバーン》は、2本の柱で支えられる日陰用テント。スルタンや高官たちが、即位や祝宴での観覧、遠征で本陣のテントが組み込まれる前の休憩場として使用しました。主要モチーフの大きな円文の中心には、太陽と三日月が。この二つのモチーフは、国家の威厳と規範を示しています。

第3章「トルコと日本の交流」では、日本からトルコへ送られた品々が展示されています。左二つの存在感のある大きさと光沢のある有線七宝の花瓶は、尾張(愛知)地方のもの。

右側の青い花瓶は有田焼です。花瓶の胴には、鹿と西洋で好まれる森の描写が。ヨーロッパの画法に注意を払いつつ、日本らしさもある花瓶。波打った口もおしゃれです。

トプカプ宮殿内を思わせる展示空間も必見。ミュージアムショップも充実していますので、ぜひ。東京展終了後に、京都国立近代美術館へ巡回します。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年3月19日 ]

美術館&博物館さんぽ 首都圏版美術館&博物館さんぽ 首都圏版

ぴあ(編)

ぴあ
¥ 994

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2019年3月20日(水)~5月20日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://turkey2019.exhn.jp/
展覧会詳細へ トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社