インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  靉嘔 ふたたび虹のかなたに

靉嘔 ふたたび虹のかなたに

■会場を埋め尽くす、虹のアーティスト
【会期終了】 「虹のアーティスト」として国内外で知られる靉嘔(あいおう)さん。初期から新作までを網羅する回顧展が東京都現代美術館で開催されています。
靉嘔さんは1931年、茨城生まれ。東京教育大学在学中の1953年に、当時の前衛芸術運動を代表する瑛九(えいきゅう)が設立した、デモクラート美術家協会に参加。明るい色彩の油彩画で注目を集めました。

中学校の美術教師を辞めて1958年に渡米。箱の穴に指を入れて感触を確かめる《フィンガー・ボックス》や、周囲の環境を取り込んだインスタレーションで頭角を表します。


会場

1962年頃から前衛芸術運動「フルクサス」グループに参加。オノ・ヨーコやナム・ジュン・パイクらと共に活動します。

線で描く絵画を拒否して辿り着いたのが、赤から紫までの可視光線(スペクトル)を重ねる「虹」の作品。こうして1964年に「虹のアーティスト」が誕生しました。

以来、版画、絵画、インスタレーションとさまざまな手法を用いた虹の作品を発表。中には、エッフェル搭のてっぺんから地面まで虹色の帯を斜めに掛けるプロジェクト(1987年)など、大がかりなインスタレーションも行っています。


アトリウムを飾る巨大インスタレーション

本展では、「虹のアーティスト」になる前の初期の作品から、本展のために作られた新作まで網羅。会場も1階と地階の2フロアを使い、靉嘔ワールドを存分に堪能できます。

フィンガー・ボックスをはじめとした、触れて楽しむ体験型のインスタレーションが多いのも特徴。会期中の毎週日曜日に靉嘔さんが会場を訪れ、展示室のどこかでオブジェクトを並び替えるというパフォーマンスも行われます。


《レインボー・エンヴァイラメントNo.7 レインボー・タクティル・ルーム+レインボー・エイムズ・ボックス》1969年

虹の作品ではありませんが、筆者イチオシの楽しい体験インスタレーションが、アトリウム奥にある《ブラックホール》。靉嘔さんも参加した前衛芸術運動「フルクサス」を始めたジョージ・マチューナスに捧げたこの作品は、手摺だけを頼りに真っ暗闇の小部屋の中を歩くというもの。極彩色の作品とはうってかわった暗黒の世界を体験できます。

高尚で現実と乖離したアートを嫌い、「プリミティヴ」なものを志向するという靉嘔さん。プリミティヴ(原始的な・素朴な・幼稚な)かどうかはともかく、馴染みやすいことは確かです。そういえば、靉嘔さんの新幹線の絵を、小学生の図工の教科書で見た記憶が甦ってきました。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年2月14日 ]
 
会場東京都現代美術館
開催期間2012年2月4日(土)~5月6日(日)
所在地 東京都江東区三好4-1-1
TEL : 03-5245-4111
HP : http://www.mot-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 靉嘔 ふたたび虹のかなたに 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社