インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルート・ブリュック 蝶の軌跡

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

■陶と歩んだ50年
【会期終了】 フィンランドの名窯アラビアで、半世紀に渡って活躍した女性アーティスト、ルート・ブリュック(1916−1999)。愛らしい陶板から大型のインスタレーションまで手掛け、独自の創作は多くの人々を魅了してきました。日本初の大規模な回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
フィンランドでは高い知名度を持つルート・ブリュック。2016年には生誕100年を記念する大規模展がヘルシンキ近郊で開催され、フィンランド国内やスウェーデンを巡回して反響を呼びましたが、日本では「知られざる大型作家」という存在です。

「蝶の軌跡」という展覧会タイトルは、その作品から。ブリュックの作品には、たびたび蝶のモチーフが登場します。

展覧会は年代別の構成です。第1章「夢と記憶」では、グラフィック・アーティスト時代の作品から始まります。

ブリュックはスウェーデン・ストックホルム生まれ。少女時代から絵を愛し、ヘルシンキの美術工芸中央学校に進学。卒業後はグラフィック・アーティストとして働き始めました。

テキスタイルのデザインなどが評価され、1942年にスカウトされてアラビア製陶所へ。作陶の経験はなく、他の職人が作った製品に絵付けをする作業から、半世紀に及ぶ陶との関わりが始まりました。

1945年にはタピオ・ヴィルカラと結婚。ヴィルカラは装飾用の彫刻職人でしたが、後にテーブルウェアからグラフィックまでこなす、多彩なデザイナーとして成功しました。夫婦ともに、国際的な名声を得る事になります。

第2章は「色彩の魔術」。1948年から1950年にかけて、ブリュックは石膏型を用いた鋳込み成形(スリップ・キャスティング)で作陶。豊かな色彩に彩られた、さまざまな陶板を制作しました。

当初は方形だった陶板の形も、この時期には建物や動物などモチーフにあわせた自由な形に。1951年にはミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞するなど、大きく飛躍していきます。

第3章は「空間へ」。父が蝶類学者だった事もあり、ブリュックにとって蝶は特別なモティーフでした。その父は、1957年に死去。ブリュックはこの年、数多くの蝶の作品を制作しています。

この時期からは、作品を組み合わせて大きな作品にする表現もスタート。ブリュックはもともと建築家志望でしたが、陶による建築的な作品に挑戦していきます。

第4章は「偉業をなすのも小さな一歩から」。1960年代後半以降は、小さなタイルを組み合わせて、庁舎や銀行など公共の場所に設置される作品を制作しました。

ひとつひとつの陶板は単純化され、図像も幾何学的になりますが、当時フィンランドを席巻していたモダニズムには背を向け、独自の道を進んでいきました。

第5章は「光のハーモニー」。1970年代以降は、作品の凹凸から生まれる光と影の表現に没頭します。作品はさらにシンプルで幾何学的になり、色もモノクロームが増えていきます。

夫・ヴィルカラは1985年に死去、ブリュックも1999年に83歳で死去しました。夫と同じヘルシンキの墓地に眠っています。

前半と後半を見くらべると、同じ作者による作品とは思えないほど、その表現は豊か。動画でのご紹介ができずに残念ですが、温かみが感じられる陶器の肌合いは、赤レンガの展示室との相性もピッタリです。

展示室は一部をのぞいて一般の方も撮影可能。東京展の後に、伊丹・岐阜・久留米に巡回します。巡回展の会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月26日 ]

ルート・ブリュック 蝶の軌跡ルート・ブリュック 蝶の軌跡

ブルーシープ(編集)

ブルーシープ
¥ 3,240

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : https://rutbryk.jp/
展覧会詳細へ ルート・ブリュック 蝶の軌跡 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社