インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルート・ブリュック 蝶の軌跡

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

■陶と歩んだ50年
【会期終了】 フィンランドの名窯アラビアで、半世紀に渡って活躍した女性アーティスト、ルート・ブリュック(1916−1999)。愛らしい陶板から大型のインスタレーションまで手掛け、独自の創作は多くの人々を魅了してきました。日本初の大規模な回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
フィンランドでは高い知名度を持つルート・ブリュック。2016年には生誕100年を記念する大規模展がヘルシンキ近郊で開催され、フィンランド国内やスウェーデンを巡回して反響を呼びましたが、日本では「知られざる大型作家」という存在です。

「蝶の軌跡」という展覧会タイトルは、その作品から。ブリュックの作品には、たびたび蝶のモチーフが登場します。

展覧会は年代別の構成です。第1章「夢と記憶」では、グラフィック・アーティスト時代の作品から始まります。

ブリュックはスウェーデン・ストックホルム生まれ。少女時代から絵を愛し、ヘルシンキの美術工芸中央学校に進学。卒業後はグラフィック・アーティストとして働き始めました。

テキスタイルのデザインなどが評価され、1942年にスカウトされてアラビア製陶所へ。作陶の経験はなく、他の職人が作った製品に絵付けをする作業から、半世紀に及ぶ陶との関わりが始まりました。

1945年にはタピオ・ヴィルカラと結婚。ヴィルカラは装飾用の彫刻職人でしたが、後にテーブルウェアからグラフィックまでこなす、多彩なデザイナーとして成功しました。夫婦ともに、国際的な名声を得る事になります。

第2章は「色彩の魔術」。1948年から1950年にかけて、ブリュックは石膏型を用いた鋳込み成形(スリップ・キャスティング)で作陶。豊かな色彩に彩られた、さまざまな陶板を制作しました。

当初は方形だった陶板の形も、この時期には建物や動物などモチーフにあわせた自由な形に。1951年にはミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞するなど、大きく飛躍していきます。

第3章は「空間へ」。父が蝶類学者だった事もあり、ブリュックにとって蝶は特別なモティーフでした。その父は、1957年に死去。ブリュックはこの年、数多くの蝶の作品を制作しています。

この時期からは、作品を組み合わせて大きな作品にする表現もスタート。ブリュックはもともと建築家志望でしたが、陶による建築的な作品に挑戦していきます。

第4章は「偉業をなすのも小さな一歩から」。1960年代後半以降は、小さなタイルを組み合わせて、庁舎や銀行など公共の場所に設置される作品を制作しました。

ひとつひとつの陶板は単純化され、図像も幾何学的になりますが、当時フィンランドを席巻していたモダニズムには背を向け、独自の道を進んでいきました。

第5章は「光のハーモニー」。1970年代以降は、作品の凹凸から生まれる光と影の表現に没頭します。作品はさらにシンプルで幾何学的になり、色もモノクロームが増えていきます。

夫・ヴィルカラは1985年に死去、ブリュックも1999年に83歳で死去しました。夫と同じヘルシンキの墓地に眠っています。

前半と後半を見くらべると、同じ作者による作品とは思えないほど、その表現は豊か。動画でのご紹介ができずに残念ですが、温かみが感じられる陶器の肌合いは、赤レンガの展示室との相性もピッタリです。

展示室は一部をのぞいて一般の方も撮影可能。東京展の後に、伊丹・岐阜・久留米に巡回します。巡回展の会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月26日 ]

ルート・ブリュック 蝶の軌跡ルート・ブリュック 蝶の軌跡

ブルーシープ(編集)

ブルーシープ
¥ 3,240

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : https://rutbryk.jp/
展覧会詳細へ ルート・ブリュック 蝶の軌跡 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社