インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~

江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~

■朱傘が目印です
【会期終了】 江戸時代、日本橋を起点に整備された五街道。人々が往来し、さまざまな物資が運ばれたのはもちろんですが、将軍や姫君は行列で権威を誇示し、その模様は庶民も楽しみにしていました。「江戸の街道」をテーマにした特別展が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
関ヶ原の戦いで勝利し、覇権を握った徳川家康。江戸を中心に全国を支配するために、交通網を整備しました。

展覧会も、家康の肖像からスタート。プロローグでは、日本橋とその周辺が紹介されています。

第1章は「武家の通行~威信をかけた旅路~」。戦国時代なら武力=権威でしたが、江戸時代は天下泰平。将軍や大名は、行列でその権威を示そうとしました。

参勤交代は、徳川家光が武家諸法度を改定した際に制度化されました。大名行列は示威行為でもあり、大名同士も競い合うため、華美な道具が作られました。

徳川将軍家は日光社参へ。家康を祀る日光東照宮と、家光を祀る大猷院(たいゆういん)を目指して、数々の将軍が参詣しました。日光に最も多く行ったのは家光です。



第2章は「姫君の下向~華麗なる婚礼の旅路~」。家光以降、将軍家の正室は摂家と宮家から迎えることが慣例になりました。

姫君は、京都から中山道を通って江戸へ。距離は東海道の方が近いのですが、河川を越える時に荒天だと日程が読めなくなるので、計算しやすい中山道が好まれました。

本展注目の作品が、全長約24メートルの《楽宮下向絵巻》です。有栖川宮織仁親王の第八王女・楽宮(さざのみや)が、12代将軍・家慶に嫁ぐため、中山道を下向する模様を描いた大作です。

豪華な行列だけでなく、沿道の賑やかな人々も見もの。ただ、主役の楽宮は描かれず、朱傘と「御」の字だけで表されています。

《葵牡丹紋付油単》は、長持のカバー。下の方にある小さな若竹の葉は、篤姫の御印なので、篤姫婚礼の際に使われたと思われます。

ひときわ目をひく豪華な乗物は、《黒漆丸十紋散牡丹唐草蒔絵女乗物》。薩摩藩島津家の女乗物で、江戸東京博物館では初公開となります。

第3章は「幕末の将軍上洛~描かれた徳川家茂の旅路~」。ペリー来航の混乱もあって、文久3年(1863)に14代将軍の家茂は上洛。将軍の上洛は、実に229年ぶりの事でした。

将軍の上洛は大きな話題となり、その様子は数多くの錦絵に。ここでも将軍の場所は、朱傘が目印になります。

明治に入ると、街道の風景は大きく変化。新橋~横浜間の鉄道開業を皮切りに、交通手段も整備され、短時間での移動も可能になりました。

エピローグでは日本橋など3カ所の江戸時代・近代・現代の姿が紹介されています。

江戸時代の街道と現在の主要道路は位置が異なるものも少なくありませんが、多くが「旧街道」として現存しています。さらに、その名称はすっかり定着しています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年4月26日 ]

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー・リチャード(著),山本 やよい(翻訳)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会詳細へ 江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~ 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社