インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マイセン動物園展

マイセン動物園展

■アウグスト強王の夢でした
【会期終了】 ヨーロッパで初めて硬質磁器を生み出したドイツのマイセン磁器。毎年どこかで展覧会や展示会が開催されるほど、日本でも人気の高い磁器です。パナソニック汐留美術館で、マイセンの「動物」にテーマを絞った展覧会が開催中です。
17世紀以降、東インド会社によって、ヨーロッパに東洋の文物が輸入されました。なかでも純白の磁器は、当時の王侯貴族たちの間で「白い金」と呼ばれるほど人気の高いものでした。

マイセンの創立者である、ザクセン選帝侯アウグスト1世(ポーランド国王2世、1670-1733)も、東洋磁器に憧れた人物の一人です。中国の壺151個と自身の兵士600人を交換したという逸話も残るほど、強王は磁器に金銭をつぎ込みました。

1710年、強王はドレスデン郊外のマイセンにあったアルブレヒト城内に、マイセン王立磁器製造所を設立。以来、マイセンは現在まで300年以上も西洋磁器のトップブランドとして高い評価を受け続けています。

強王は権力を誇示するために、メナージェリ(宮廷動物園)を磁器で再現する夢を抱き、大量の動物彫刻像が作られました。王の死後も、動物をテーマとした作品は、アール・ヌーヴォーやアール・デコなど各時代の様式を取り入れながら作られました。

本展では、マイセンの作品の中でも重要なアイテムである「動物」に関連する作品を紹介。一つのテーマに絞ってここまで揃う事は珍しく、貴重な展覧会といえます。



マイセンを代表するシリーズのひとつで、愛好家も多く存在する「スノーボール」。小花装飾を貼り付け磁胎を装飾した作品です。スノーボールとは、アジサイのように複数の小花が球体を作る、スイカズラ科の落葉低木のこと。ヨーロッパ大陸に広く分布する植物です。

《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》は、よく見ると壺の中に黄色い鳥が隠れています。ヒントは、右下のライト付近。ぜひ覗いてみてください。

19世紀末から20世紀初頭にかけてアール・ヌーヴォーが流行すると、マイセンでも取り入れられ、曲線を生かすために色彩部分にイングレイズという技法が導入されました。

イングレイズとは、焼成時に釉薬の中に絵の具を染み込ませて閉じ込める技法のこと。これにより、マイセンの動物彫刻はより柔らかな表情を見せるようになります。愛らしい犬や猫のほか、キリンやシロクマなどの動物が紹介されています。

《四羽のオウサマペンギン》は、オウサマペンギンの特徴である下クチバシのオレンジ色や、首から胸にかけての橙色が見事に表現されています。

マックス・エッサーは、1920~30年代にマイセンで成型師として活躍した彫刻家。マイセンにおけるアール・デコ様式を確立したひとりです。優れた可塑性を持ち、硬く滑らかな素材の「ベットガー火石器」を使用した彫刻が展示されています。

マントヒヒやクマのマスクが展示されているコーナーでは、ジャングルのBGMが流れる仕掛けが。マスクに近づいてよーく見ると…目の中が赤く光っています。ちょっとドキッとする仕掛けもユニークです。

本展は一部の展示を除いて、写真撮影が可能。作品はどれも美しくて写真映えします。《花鳥飾プット像シャンデリア》と、すぐ後ろの《花鳥飾プット像鏡》とのセット撮影がおすすめです。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年7月5日 ]

美術館&博物館さんぽ 首都圏版美術館&博物館さんぽ 首都圏版

ぴあ(編)

ぴあ
¥ 994

 
会場パナソニック汐留美術館
開催期間2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/ls/museum/
展覧会詳細へ マイセン動物園展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社