インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

■浮世に美人は必須です。
【会期終了】 「浮世絵の黄金期」とされる、天明・寛政(1781-1801)期。さまざまなジャンルの作品が描かれましたが、中心といえるのが美人画でした。評判の町娘から春画まで、美人表現の魅力とその系譜を紹介する展覧会が、町田市立国際版画美術館で開催中です。
多くの美人画が揃った展覧会。10月29日(火)からは後期展が始まり、多くの作品が展示替えされました。

第1章は「“美人画の時代”の系譜」。明和(1764-1772)期に生まれたフルカラーの浮世絵版画、錦絵。その立役者である鈴木春信は、美人画の名手でした。華奢で中性的な人物像は人気を博し、春信が没した後も多くの絵師が春信風美人を描いています。

続く安永期(1772-1781)に入ると、リアル志向が強まり、人物はやや長身で肉付きも良くなります。

独特の美人表現を確立したのが、天明期(1781-1789)の鳥居清長。春信風から脱却した八頭身の美人は、近代に「江戸のヴィーナス」と呼ばれるほど高く評価されました。

寛政期(1789-1801)の美人画といえば、喜多川歌麿です。全身像の他、大首絵でも美人画を描きました。ライバルといえる鳥文斎栄之は、清長美人の後継者。気品溢れる表現は、旗本出身の絵師ならではです。



2章は「浮世絵美人画をめぐる三つの視点」、黄金期美人画の特徴を探ります。

現代の目線で見ると、浮世絵の美人は皆が同じ顔に見えますが、歌麿の時代には描き分けも行われました。

寛政の美人として名高い二人は、すっきりと目尻が上がったのが、難波屋おきた。目尻が丸く膨らんでいるのが、高島おひさです。

また、受け手側も幅があります。浮世絵版画は大衆向けですが、肉筆は受注生産品。大名など、貴人からの依頼もありました。

次に描かれた人々について。女性だけでなく、美男子(若衆)もしばしば描かれました。ただ「若くて美しい」はお約束です。

これが春画になると、あらゆる容姿の人々が登場します。場面こそ絵空事ですが、性の営みにかけるエネルギーと歓びは、貴賤・老若・美醜を問いません。

3章は「わたしたちの浮世絵黄金期」。天明・寛政期が「黄金期」になった過程に迫ります。

浮世絵の出版は、明治維新の後も続きます。明治20年代になると江戸を回顧する風潮が広まり、歴史上の人物として黄金期の美人が表現されるようになっていきます。

浮世絵の流れを色濃く繋いだ近代の画家が、鏑木清方です。晩年には自ら「浮世絵末流」と署名し、春章や栄之に私淑しました。

さらに大正期の橋口五葉、そして関西の上村松園や北野恒富らも、浮世絵の延長線上にある美人画を作成しています。後の画家たちが天明・寛政期の美人像に倣った事で「黄金期」の位置付けが固まっていきました。

展覧会最後には、勝川春章「婦女風俗十二ヶ月図」(MOA美術館蔵)を、向井大祐氏が2017年に復元した作品があります。

原作は黄金期肉筆美人画を代表する名品ですが、1月と3月が欠損。屏風でしたが掛幅に変わっています。1月の図は、かつて鏑木清方が補うように勧められたものの、断念したというエピソードも伝わります。

今この時、俗世間=浮世を描いた浮世絵。現世の人が美人を求めるのは必定で、大衆の需要に応えるように浮世絵の美人画は大きく飛躍していきました。あらためてその魅力を、お楽しみいただけます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月30日 ]


 
会場町田市立国際版画美術館
開催期間2019年10月5日(土)~2019年11月24日(日)
所在地 東京都町田市原町田4-28-1
TEL : 042-726-2771
HP : http://www.hanga-museum.jp/
展覧会詳細へ 美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ― 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社