インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

■東京ではラストです
【会期終了】 東京・竹橋の東京国立近代美術館工芸館。1977年の開館以来、40年以上にわたってこの地で工芸の魅力を発信し続けてきましたが、ついに見納めとなります。東京では最後の展覧会には、20のテーマで工芸館の名品197点が並びます。
東京の工芸館としては最後の取材レポートになりますので、まずは建物を振り返りましょう。

現在の赤レンガの建物は、1910年(明治43)の建築。旧近衛師団司令部庁舎として、陸軍の技師が設計しました。天皇を護衛する近衛師団は、二・二六事件や宮城事件など、昭和の大きな転換点にしばしば登場します。

1972年(昭和47)には、玄関と階段ホール、外観部が重要文化財に指定されました。内部は谷口吉郎の設計で改修が行われ、和室も含め展示室が設けられています。

展覧会は5章構成です。さらに20のキーワードを設け、展示作品から作家のパッション(情熱)を感じてもらいます。



1章「日本人と『自然』」は、(1)作ってみせる (2)囲みとって賞でる

初代宮川香山は、明治時代の陶工。派手な立体で動植物を表現した「高浮彫」は、海外で高く評価されました。志村ふくみは紬織で初の人間国宝。染料もすべて、植物から採っています。

2章「オン・ステージ」は、(3)垂れ下がって気を吐く (4)ジャパン・プライド

壁から突き出た巨大な手袋は、小名木陽一《赤いてぶくろ》。かつてスイス・ローザンヌで開催されていた、国際タピスリー・ビエンナーレへの出品作です。鈴木長吉《十二の鷹》は、シカゴで開かれた博覧会で展示されました。“美術品”としての展示には、美術商・林忠正の関与も指摘されています。

3章「回転時代」は、(5)モダンv古典 (6)キーワードは「生活」 (7)古陶磁に夢中 (8)線の戦い (9)私は旅人

七宝・金工・木工・染織など、多彩な分野で活躍した藤井達吉。工芸を総合芸術としてとらえていました。石黒宗麿は中国の古陶磁に傾倒しました。唐三彩など、古陶に学んだ作品が並びます。

4章「伝統⇔前衛」は、(10)「日常」 (11)人間国宝 (12)オブジェ焼き (13)日本趣味再考 (14)生地も一色 (15)「工芸的造形」への道 (16)素材との距離

染色家の芹沢銈介は「芹沢染紙研究所」を設立して、染め紙の小品を量産。人気のカレンダーは、1万組(12万枚)を出荷した事もあります。建物の前庭に展示されているのは、橋本真之の作品。金属を叩いて成形する手法「鍛金」で作られています。

5章「工芸ラディカル」は、(17)瞬間、フラッシュが焚かれたみたいだった (18)オブジェも器も関係ない (19)人形は、人形である (20)当事者は誰か

四谷シモンは人形作家。ハンス・ベルメールの人形に感化されて、球体関節人形を手掛けるようになりました。《解剖学の少年》は、下腹部を含む裸身はもちろん、内臓まで露出しています。

この展覧会の後、金沢市に移転する工芸館。建物は、明治期に建てられた旧陸軍の施設2棟(旧第九師団司令部庁舎と旧金沢偕行社)を移築して活用します。

場所は兼六園のすぐ近くで、金沢21世紀美術館まで徒歩5分という絶好の立地。今夏の正式オープンも待ちどおしいです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年2月3日 ]


 
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2019年12月20日(金)~2020年3月8日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.momat.go.jp/cg/
展覧会詳細へ 所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社