インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

■東京ではラストです
【会期終了】 東京・竹橋の東京国立近代美術館工芸館。1977年の開館以来、40年以上にわたってこの地で工芸の魅力を発信し続けてきましたが、ついに見納めとなります。東京では最後の展覧会には、20のテーマで工芸館の名品197点が並びます。
東京の工芸館としては最後の取材レポートになりますので、まずは建物を振り返りましょう。

現在の赤レンガの建物は、1910年(明治43)の建築。旧近衛師団司令部庁舎として、陸軍の技師が設計しました。天皇を護衛する近衛師団は、二・二六事件や宮城事件など、昭和の大きな転換点にしばしば登場します。

1972年(昭和47)には、玄関と階段ホール、外観部が重要文化財に指定されました。内部は谷口吉郎の設計で改修が行われ、和室も含め展示室が設けられています。

展覧会は5章構成です。さらに20のキーワードを設け、展示作品から作家のパッション(情熱)を感じてもらいます。



1章「日本人と『自然』」は、(1)作ってみせる (2)囲みとって賞でる

初代宮川香山は、明治時代の陶工。派手な立体で動植物を表現した「高浮彫」は、海外で高く評価されました。志村ふくみは紬織で初の人間国宝。染料もすべて、植物から採っています。

2章「オン・ステージ」は、(3)垂れ下がって気を吐く (4)ジャパン・プライド

壁から突き出た巨大な手袋は、小名木陽一《赤いてぶくろ》。かつてスイス・ローザンヌで開催されていた、国際タピスリー・ビエンナーレへの出品作です。鈴木長吉《十二の鷹》は、シカゴで開かれた博覧会で展示されました。“美術品”としての展示には、美術商・林忠正の関与も指摘されています。

3章「回転時代」は、(5)モダンv古典 (6)キーワードは「生活」 (7)古陶磁に夢中 (8)線の戦い (9)私は旅人

七宝・金工・木工・染織など、多彩な分野で活躍した藤井達吉。工芸を総合芸術としてとらえていました。石黒宗麿は中国の古陶磁に傾倒しました。唐三彩など、古陶に学んだ作品が並びます。

4章「伝統⇔前衛」は、(10)「日常」 (11)人間国宝 (12)オブジェ焼き (13)日本趣味再考 (14)生地も一色 (15)「工芸的造形」への道 (16)素材との距離

染色家の芹沢銈介は「芹沢染紙研究所」を設立して、染め紙の小品を量産。人気のカレンダーは、1万組(12万枚)を出荷した事もあります。建物の前庭に展示されているのは、橋本真之の作品。金属を叩いて成形する手法「鍛金」で作られています。

5章「工芸ラディカル」は、(17)瞬間、フラッシュが焚かれたみたいだった (18)オブジェも器も関係ない (19)人形は、人形である (20)当事者は誰か

四谷シモンは人形作家。ハンス・ベルメールの人形に感化されて、球体関節人形を手掛けるようになりました。《解剖学の少年》は、下腹部を含む裸身はもちろん、内臓まで露出しています。

この展覧会の後、金沢市に移転する工芸館。建物は、明治期に建てられた旧陸軍の施設2棟(旧第九師団司令部庁舎と旧金沢偕行社)を移築して活用します。

場所は兼六園のすぐ近くで、金沢21世紀美術館まで徒歩5分という絶好の立地。今夏の正式オープンも待ちどおしいです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年2月3日 ]


 
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2019年12月20日(金)~2020年3月8日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.momat.go.jp/cg/
展覧会詳細へ 所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社