インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  深井隆 ― 物語の庭 ―

深井隆 ― 物語の庭 ―

■問いかけられる「物語」
【5/30から再開】日本を代表する彫刻家のひとり、深井隆(1951-)。主に樟(くす)を用いた作品は詩的なタイトルが付けられ、その解釈を見る者それぞれに問いかけてくるようです。未発表の新作を含め、自身が選定した作品を紹介する展覧会が、板橋区立美術館で開催されています。
深井隆さんは群馬県高崎市生まれ。東京藝術大学、同大学院で彫刻を学び、1984年から35年にわたって、同校の彫刻科で指導しました。2013年には紫綬褒章を受章するなど、日本の具象彫刻を牽引する存在です。

藝大の学生の時から板橋に住むなど、板橋区とは縁が深い深井さん。板橋区立美術館は、深井さんが大学院を卒業した翌年の1979年に、東京23区初の公立美術館として開館しました。

深井さんは1980年から84年までは、毎年、板橋の区民美術展である板橋区現代作家展に出展。以降も同館で行われたグループ展に何度も出展しています。

2018年に東京藝術大学大学美術館で「退任記念 深井隆展 ― 7つの物語」を開催。今回は、彫刻家として長い間関わってきた大学を離れた後に、これまでの歩みを振り返る展覧会になりました。

会場に入ると、家の形をモチーフにした「栖」シリーズから。新作の《栖 2020 ― 街 ―》には、少しずつ形が違う、金色の家が並びます。創作において、人間とは何かを考えてきた深井さん。人が住む家を表現する事は、人間そのものを表現する事につながります。



右に進むと(特に順路は設定されていません)、金色の円盤、直立する木の幹、そして馬をかたどった《月の庭 ― 言葉を聞くために ―》。奥の空間にも、馬と円錐形の作品《月の庭 ― 月に座す》です。

幾何学的な形の中で際立つ、美しい馬のかたち。馬はチェスの駒から兵馬俑まで、洋の東西を問わず、古来から立体で表現されてきました。深井さんは「生き物の中で最も形が綺麗」と語っています。

反対側の部屋は、大学生のころから現在まで作り続けている椅子の作品で、一対の肘掛け椅子は「王と王妃」シリーズ、金色の翼を持つ「逃れゆく思念」シリーズです。

肘掛けがついた重厚な椅子は、製品のように仕上げられている反面で、所々には木の素地が残り、荒々しさが剥き出しになります。座面には書物とリンゴ。リンゴは原罪を意味しているのでしようか。

奥に進むと、新作の《青空 ― 2020》です。翼は椅子から離れ、しかも無垢ではなく鮮やかな青色。これまでとは異なる、新しい試みの作品です。

細長い部屋にはふたつの作品《円形の庭 ― 覚醒 ―》と《幻想の闇より》。ともに1993年と少し前ですが、インパクトの強い作品。突き刺さっている長い棒は、光をイメージしているそうです。

展示作品と空間が作り出す「物語」は、鑑賞者なりに読み解いていただければと思いますが、残念ながらコロナで休館中。凝ったデザインの図録もお手に取っていただけるのは、少し先になりそうです。板橋区美術館初のこころみとして、公式Twitterで作者自身による作品解説動画も配信されていますので、あわせてお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年4月7日 ]

東京藝術大学の彫刻と深井隆東京藝術大学の彫刻と深井隆

深井隆(著)

東京藝術大学出版会
¥ 3,850

 
会場板橋区立美術館
開催期間2020年3月7日(土)~6月28日(日)
所在地 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL : 03-3979-3251
HP : https://www.city.itabashi.tokyo.jp/artmuseum/
展覧会詳細へ 深井隆 ― 物語の庭 ― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社