インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本橋 ~描かれたランドマークの400年~

日本橋 ~描かれたランドマークの400年~

■絵巻の「影からくり絵」にビックリ!
【会期終了】 わが国の道路網の起点、日本橋。江戸・東京を通じて首都のシンボルといえる日本橋をテーマにした展覧会が、江戸東京博物館で開催中です。
もとは二本の丸太が架かっていたことから「二本橋」といわれていた、日本橋。徳川家康が木造の橋を架けたのは1603年のことです。江戸でもっとも賑わう場所として、多くの浮世絵に描かれる人気スポットになりました。

日本橋は木造の時代には何度も火事で消失しましたが、明治44年に石造になった後は、関東大震災や大戦の戦火も乗り越えました。1999年には国の重要文化財に指定されています。


文明開化後の日本橋

400年以上の歴史を持つ日本橋。実は江戸東京博物館とも縁が深い存在です。

常設展示も見どころが多い同館ですが、中でも人気のスポットが、六階に架けられた日本橋です。幕末期の日本橋の北側半分を、当時と同じ材料(ケヤキとヒノキ)を実物大で復元したもの。ここを渡って上から芝居小屋などを眺めるのは、定番のコースです。

また、同館のシンボルキャラクター「ギボちゃん」も、日本橋欄干の擬宝珠(ぎぼし)から生まれたもの。ご存知でしたか?


関東大震災以降の日本橋

「日本橋の絵」といってすぐに思い出されるのが、歌川広重の《東海道五拾三次之内(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち) 日本橋 朝之景(あさのけい)》。太鼓橋の上を大名行列が進む、お馴染みの絵です。

会場では広重の絵をはじめ、戦後の日本橋までを時代を追って紹介していきます。


会場前半には、お馴染みの歌川広重の絵も

展示の目玉のひとつが、18世紀中頃に制作された《隅田川風物図巻》。約10メートルに及ぶ長大な絵巻に、日本橋をはじめとしたさまざまな橋や河岸の建物、舟遊びの様子などが描かれています。

注目されるのは、この絵巻に「影からくり絵」の細工が施されていること。裏側から灯を当てると、舟の提灯や家の窓などに光がともったように見えます。絵巻にこのような細工がされているのは極めて珍しいことです。


影からくり絵の《隅田川風物図巻》

会場出口では、画家の山口晃さんが描いた浮世絵、《新東都名所 東海道中 日本橋 改》も展示されています。版下絵(はんしたえ)を山口晃さんが制作、アダチ版画研究所の彫師・摺師が、伝統の木版画技術で浮世絵を制作しました。

展覧会の音声ガイドは、落語家の林家三平さんと奥様の国分佐智子さんが担当。軽快な口調で日本橋の魅力を案内しています。(取材:2012年5月25日)

※展示室内は許可を得て撮影しています。

会場江戸東京博物館
開催期間2012年5月26日(土)~7月16日(月・祝)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974
HP : http://www.asahi.com/event/nihonbashi400/
展覧会詳細へ 日本橋 ~描かれたランドマークの400年~ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社