インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅

ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅

■裸婦とトラムが、夢にデル
【会期終了】 「夢に、デルヴォー」という潔いキャッチコピーが掲げられた府中市美術館。ベルギーのシュルレアリスム絵画を代表するポール・デルヴォー(1897-1994)の、日本ではおよそ10年ぶりとなる回顧展です。
古代の神殿、電車、同じ顔をした裸婦、ランプ…。ポール・デルヴォーはひと目でそれとわかる幻想的な作風で知られています。同じベルギーのシュルレアリストとして、1歳違いのルネ・マグリット(1898-1967)と比較されることも多いデルヴォーですが、理詰めで絵を構成したマグリットに比べ、デルヴォーの絵は個人的な経験がベースになっています。

本展では今まであまり注目されていなかった初期の作品から、ベルギー国外に出ることがなかった最晩年の作品までを網羅していきます。


第4章「ポール・デルヴォーの世界」から‘欲望の象徴としての女性’

弁護士の家に生まれたお坊ちゃんだったデルヴォー。初期の作品には、後の印象からはほど遠い、印象派そのものの風景画もあります。ただ、後に通じる要素もあり、後年の絵に良く登場する汽車は、すでにこの時期にも描かれています。

近代絵画でしばしば描かれる汽車。「文明の象徴」「遠い場所への思い」などの寓意を含む場合がありますが、デルヴォーは純粋に汽車が好きだったことが大きな理由です。15歳でトラムの模型を自作し、列車で国内を頻繁に旅行する100年前の‘鉄っちゃん’でした。


第1章「写実主義と印象主義の影響」

デルヴォー作品だけの本展には、スケッチや習作も数多く出品されており、その制作プロセスを感じることができます。

デルヴォーのカンヴァスに描かれる人物はいつも同じ顔をしていますが、モデルを描いたスケッチは実に写実的。作品には理想の女性像(妻のタムといわれています)を投影していたことが分かります。

《夜の使者》は習作と並んで展示されています。つるっとした印象の完成品に対して、習作は意外なほどガリガリと描き込まれており、デルヴォーの別の一面を垣間見ることができます。


《夜の使者》と、その習作

マグリットとデルヴォーのもうひとつの大きな違いは、その生涯。68歳で亡くなったマグリットに対し、デルヴォーは96歳まで長生きしました。

1986年に描いた最後の油彩画《カリュプソー》は、デルヴォーが89歳の時の作品。当時のデルヴォーはかなり視力が衰えていましたが、こちらは120×90cmという大きな絵。最盛期とはタッチの違いこそあれ、大きな瞳の横顔の裸婦はいかにもデルヴォーです。

この後に数点の水彩を描きましたが、最愛の妻・タムが1989年に亡くなってからは、二度と筆を握ることはありませんでした。


第5章「旅の終わり」

ちょうど損保ジャパン東郷青児美術館では、デルヴォーが最も影響を受けたという母国の先輩、ジェームズ・アンソールの回顧展も開催中。京王線1本でベルギーの近代絵画を一望できる両展、ともに会期は11月11日(日)までです。(取材:2012年9月20日)

ポール・デルヴォー

アントワーヌ・テラス (著), 與謝野 文子 (翻訳)

河出書房新社
¥ 3,990

 
会場府中市美術館
開催期間2012年9月12日(水)~11月11日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会詳細へ ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社