ニュース
    20億画素のデジタルデータを活用、美術展「Digita×北斎」【破章】を開催 ー NTT東日本
    (掲載日時:2020年11月25日)

    「Digita×北斎」【破章】 会場
    「Digita×北斎」【破章】 会場

    東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、2020年12月1日(火)より、体験型美術展「Digita×北斎」【破章】を開催する。

    展覧会では、葛飾北斎『冨嶽三十六景』(山梨県立博物館所蔵)全47作品、歌川廣重『東海道五拾三次』(大阪浮世絵美術館所蔵)全53作品の展示用マスターレプリカなどを一堂に展示するもの。

    独自の画像処理技術で、20億画素のデジタルデータを作成。平面上の精細さだけでなく、和紙一本一本の繊維の質感や凹凸まで再現した。マスターレプリカは、所蔵元の認定も受けている。

    展覧会では、VRゴーグルをかける事なく立体映像が楽しめる「裸眼VR」、絵画の中に没入するように作品が体感できる「3Dダイブシアター」などを設けたほか、コロナ対策として全コンテンツが非接触で楽しめる。

    またNTT東日本では、文化芸術分野における新会社として「株式会社 NTT ArtTechnology」を12月1日に設立。文化芸術のデジタル化、デジタル絵画のオンライン配信、サテライトミュージアム・バーチャルミュージアムの構築や運営を行う。

    コロナ禍における文化芸術鑑賞として、デジタルデータを活用した分散型ミュージアムに対応。今後5年間で50館程度のミュージアムとの連携を目指す。

    展覧会「Digita×北斎」【破章】は、東京オペラシティタワー4階、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーEにて、12月1日(火)から開催。観覧料は一般 1,000円。


    「Digita×北斎」【破章】 会場入口
    「Digita×北斎」【破章】 会場入口


    「3Dダイブシアター」
    「3Dダイブシアター」

    このニュースに関連するミュージアム

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと25日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと4日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと25日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと53日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと67日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)石川県埋蔵文化財センター 嘱託調査員募集中 [公益財団法人石川県埋蔵文化財センター]
    石川県
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【県政推進員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【広報専門員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近世・近代書】) [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード