ニュース
    埼玉県立近代美術館で「シアトル→パリ 田中保とその時代」展
    (掲載日時:2022年7月16日)

    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場
    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場

    戦前にパリに移住して人気画家になるも、待ち望んだ日本への帰国を果たせないまま、パリで亡くなった画家・田中保(たなかやすし、1886-1941)の大規模な回顧展が、埼玉県で開催される。

    田中は岩槻生まれ。18歳で移民としてシアトルに渡り、米国で働きながら絵を学び、画家としての地位を確立した。

    有色人種に対する偏見が強い時代にもかかわらず、シアトルで出会った美術批評家、ルイーズ・ゲブハード・カンと結婚した。

    1920年にはパリに移住し、サロン・ドートンヌなどの展覧会に出品を重ねて評価を高め、肖像画や裸婦像などで認められて人気を得た。

    田中本人は祖国日本で認められたいという気持ちを持っていたが、日本で美術の教育を受けていない事が仇となり、帝展でも落選。ついに生前には、日本の画壇からは受け入れられなかった。

    展覧会では最新の研究成果も踏まえて田中の画業を振り返り、その実像を再検証する。

    「シアトル→パリ 田中保とその時代」は埼玉県立近代美術館で2022年7月16日(土)~10月2日(日)に開催。入館料は一般 900円など。

    埼玉県立近代美術館での田中保の大規模展は、25年ぶりとなる。


    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場
    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場

    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場
    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場

    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場
    埼玉県立近代美術館「シアトル→パリ 田中保とその時代」会場

    このニュースに関連する展覧会
    7
    埼玉県立近代美術館 | 埼玉県
    2022年7月16日(土)〜10月2日(日)
    開催中[あと51日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    三重県立美術館 非常勤学芸員募集 [三重県立美術館]
    三重県
    京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 技術補佐員の募集 [京都工芸繊維大学(美術工芸資料館)]
    京都府
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと16日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと44日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと23日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと23日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと30日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)