ニュース
    広重より30年も早い、北斎による「東海道五十三次」 ── すみだ北斎美術館
    (掲載日時:2017年4月17日)
    すみだ北斎美術館「開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」」

    2017年4月17日(月)、東京・墨田区のすみだ北斎美術館で「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」のプレス向け内覧会が開催された。

    葛飾北斎が描いた東海道五十三次シリーズを紹介する企画展。

    東海道五十三次は歌川広重の作品として名高いが、北斎は広重より約30年も前に東海道五十三次シリーズを作成。その数は当時の絵師の中では群を抜いており、人気が高かった事もうかがえる。

    北斎が描いた東海道五十三次は現在7種類知られているが、展覧会ではうち6種類を展示。中でも《春興五十三駄之内》の初摺の揃いは、すみだ北斎美術館が所蔵する本作しか知られていない貴重な作品(前後期で全場面を展示)。鳥の目線で江戸から京までの東海道の道のりを一図におさめた《東海道名所絵一覧》も見どころとなる。

    手覧回では弟子が描いた東海道の作品も紹介し、北斎の東海道が後年に与えた影響にも迫る。

    開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」は、すみだ北斎美術館で、2017年4月18日(火)~6月11日(日)に開催。観覧料は一般 1,000円、高校生・大学生・65歳以上 700円、中学生・障がい者 300円。
     すみだ北斎美術館「開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」」の取材レポートはこちら

    発信:インターネットミュージアム

    すみだ北斎美術館 施設詳細ページ
    「開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」」情報ページ
    すみだ北斎美術館 公式ページ
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県