ニュース
    素材でひもとく、隈研吾の歩み ── 東京ステーションギャラリーで「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」
    (掲載日時:2018年3月1日)
    素材でひもとく、隈研吾の歩み ── 東京ステーションギャラリーで「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」

    2018年3月1日(木)、東京・千代田区の東京ステーションギャラリーで「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」のプレス向け内覧会が開催された。

    世界的建築家、隈研吾(1954~)を紹介する大規模展。

    「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた、隈の約30年に及ぶプロジェクトを集大成して展観する。

    展覧会では素材に着目し、「竹」「木」「紙」「土」「石」」「瓦・タイル」「金属」「樹脂」「ガラス」「膜・繊維」という10種類のマテリアルごとに、これまでの蓄積を分類・整理。“もの”の開放によって、人の感覚や意識、そして環境を媒介する建築の可能性に迫る。

    東京ステーションギャラリーで建築家の個展が開催されるのは、「前川國男建築展」以来12年ぶりとなる。

    「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」は東京ステーションギャラリーで、2016年3月3日(土)~5月6日(日)に開催。観覧料は一般 1,100円、高校・大学生 900円、中学生以下は無料。


     
    発信:インターネットミュージアム

    東京ステーションギャラリー 施設詳細ページ
    「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」情報ページ
    東京ステーションギャラリー 公式ページ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)