ニュース
    利休からつながる、美意識と作意 ― 松屋銀座で「利休のかたち 継承されるデザインと心」
    (掲載日時:2019年12月27日)
    松屋銀座「利休のかたち 継承されるデザインと心」

    東京・中央区の松屋銀座で、展覧会「利休のかたち 継承されるデザインと心」が開幕した。

    松屋銀座は新年に、毎年“和”をテーマにした展覧会を開催しており、創業150周年となる2020年は、日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」がテーマ。

    展覧会は「天下一の茶の湯者」と称された千利休(1522~91)が好み、つくり出した作品や、千家道具の制作にたずさわる職家の人々による作品と文献史料など、あわせて約80件を展示し、利休の美意識とそれに基づく作意を紹介するもの。

    会場は2章構成で、第1章「利休の美意識と作意」では利休にまつわる貴重な現存作例を通じ、あらためてその美意識を展観。

    利休が、樂家初代とされる陶工・長次郎とともにつくり「今焼」としてもてはやされた茶碗や、利休の意図を認識したうえで注文制作された釜などを展示する。

    利休作の茶室、国宝「待庵」については、図面を元にした茶室空間を会場に設置。利休がもとめた「わび」を体現する空間が紹介される。

    第2章「千家と職家 -かたちとこころの継承」では、利休の道統を継いだ二代少庵宗淳、三代元伯宗旦の道具を紹介。

    また、千家の茶道具を制作する十の家筋である「千家十職」からは、塗師の十三代 中村宗哲、釜師の十六代 大西清右衛門、樂焼の十五代吉左衛門 樂直入など、職家歴代の作品を展示。

    今日まで利休にまつわる「かたち」が、その「こころ」とともに継承されてきた軌跡とその意味を考察する。

    「松屋創業150周年記念 利休のかたち 継承されるデザインと心」は松屋銀座 8階イベントスクエアで2020年1月20日(月)まで開催。観覧料は一般 1,000円。


     
    発信:インターネットミュージアム

    松屋銀座 施設詳細ページ
    「利休のかたち 継承されるデザインと心」情報ページ
    松屋銀座 公式ページ
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県