IM
    レポート
    恐竜展2021
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    1億6000万年かけて大きく進化を遂げた恐竜の姿と謎を、最新の研究で紹介
    全長12m、実物大のティラノサウルスロボットは大迫力。質感や動きも再現
    クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」による、恐竜同士の対決映像も

    太古の昔、地球上に君臨し繁栄を極めた恐竜。1億6000万年もの時間をかけて大きく進化した恐竜は、まだ解明されていない謎も多く、多くの人々を魅了し続けています。

    世界でもトップレベルの展示と研究成果を誇る福井県立恐竜博物館が所蔵する全身復元骨格などを通して、恐竜の生態や繁栄の謎に迫る展覧会が、Gallery AaMoで開催中です。



    Gallery AaMo「恐竜展2021」会場入口


    展覧会の冒頭は、三畳紀後期のエオラプトルから。初期の恐竜で、小型できゃしゃな動物でした。

    三畳紀末頃から、大型の恐竜が登場。次のジュラ紀には、恐竜が陸上を支配します。



    《エオラプトル》三畳紀後期 アルゼンチン


    続いて、おなじみステゴサザウルス。背中に板状の骨、尻尾にはスパイク状の骨(トゲ)を持ちます。

    敵に襲われた時には尻尾のスパイクで防御。背中の骨板は、体温調節の役割を担っていたと考えられています。



    《ステゴサウルス》ジュラ紀後期 アメリカ合衆国


    こちらはブラキオサウルスの頭骨と大腿骨。大型化した竜脚類で、前肢が後肢より長くなりました。

    重い体重を支えるため、大腿骨は柱のように真っ直ぐ伸びています。



    《ブラキオサウルス》(左)頭骨 (右)大腿骨 ジュラ紀後期 アメリカ合衆国


    そして、有名なティラノサウルスとトリケラトプス。同じ地域の同じ時代の地層から見つかっているので、白亜紀末期の北米では、両者の激突があったと考えられています。

    トリケラトプスの化石には、噛み跡が残されているものもあります。



    (左から)《ティラノサウルス 頭骨》白亜紀後期 アメリカ合衆国 / 《トリケラトプス 頭骨》白亜紀後期 アメリカ合衆国


    展覧会の目玉が、ティラノサウルスロボット。全長約12メートル、肌の質感や動きなど、実際の恐竜の動きを研究して再現されました。

    近くでみると、想像以上の迫力。怖がり屋の方は、心してご覧ください。



    《ティラノサウルス ロボット》


    会場後半は、福井で見つかった恐竜について。恐竜の時代にはまだ日本列島はなく、現在の日本を形成している大地は、アジア大陸東縁でした。

    フクイラプトルは、福井県の白亜紀の地層から発見された肉食恐竜。大きな手のカギ爪や長い後あしから、アロサウルス上科の中でも特に進化したグループに属すると考えられています。



    《フクイラプトル》白亜紀前期 福井県


    こちらはフクイサウルス。2003年に学名がつけられるまでは、フクイリュウの愛称で呼ばれていました。研究の結果、国内2例目の新種恐竜として記載されました。



    《フクイサウルス》白亜紀前期 福井県


    その他、クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」が作った、ティラノサウルスとトリケラトプスの対決映像も。壮絶な戦いが、目の前で繰り広げられます。

    夏休みの定番といえる恐竜の展覧会。ファミリーにピッタリの企画です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年7月9日 ]


    骨格標本 「福井県立恐竜博物館所蔵」、ティラノサウルスロボット ©ココロ、大型映像 ©NAKED, INC.


    Gallery AaMo「恐竜展2021」会場風景
    《ディノニクス 復元模型》白亜紀前期 アメリカ合衆国
    会場
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
    会期
    2021年7月10日(土)〜9月5日(日)
    開催中[あと38日]
    開館時間
    10:00~18:00
    ※最終入館は閉館の30分前まで
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都文京区後楽1-3-61
    電話 03-5800-9999
    公式サイト https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/kyoryu2021.html
    料金
    当日 一般(大学生以上)1,500円/中・高校生1,200円/
    こども(4歳以上)900円
    前売 一般(大学生以上)1,300円/中・高校生1,000円/
    こども(4歳以上)700円
    展覧会詳細 恐竜展2021 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと206日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと42日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと241日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと53日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと77日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    週3の扶養内!【大阪歴史博物館で受付案内】交通費有♪★接客経験を活かして★ [大阪歴史博物館]
    大阪府
    京都府文化財保護課 文化財保護技師(3分野)の採用試験を実施! [京都府教育庁指導部文化財保護課・京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード