IM
    レポート
    ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-
    水戸芸術館現代美術ギャラリー | 茨城県
    世界から注目を集める女性現代アーティスト、日本では13年ぶりの大規模展
    色彩に満ちた世界をユーモアたっぷりに、初期から新作まで映像表現を俯瞰
    寝転ぶ、見上げる、覗き込む、映像を浴びるなど、多彩な鑑賞方法が特徴的

    実験的な映像表現で知られるスイス生まれのアーティスト、ピピロッティ・リスト(1962-)。1980年代から世界各地の美術館や芸術祭で作品を発表し、国を越えて幅広い世代の観客を魅了しつづけています。

    初期の短編ヴィデオから最新の大型インスタレーションまで、30年間にわたる主要作品を紹介する展覧会が、水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催中です。



    水戸芸術館現代美術ギャラリー「ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-」 会場入口


    展覧会は年代やテーマで区分せず、ゆるやかな動線で全体でリストの世界を感じていく構成です。

    《永遠は終わった、永遠はあらゆる場所に》は、青いドレスに身を包んだ女性が、花のかたちの鈍器で車の窓ガラスを愉しげに叩き割っていく映像。靴を脱いで鑑賞できる作品です。



    ピピロッティ・リスト《永遠は終わった、永遠はあらゆる場所に》1997年


    続いて、半透明や白色の容器や日用品が壁に貼り付けられた作品。横からは映像作品が投影され、幻想的な世界が広がります。


    不用品を「即席のダイアモンド」として、自らの作品に取り入れているリスト。水戸芸術館現代美術ギャラリーの長い廊下状の空間を活かした、サイトスペシフィック(作品が展示される場所の特性を生かしすこと)な作品です。



    ピピロッティ・リスト《イノセント・コレクション》1985-2023年頃 / ピピロッティ・リスト《アポロマートの壁》2020-2021年


    《愛撫する円卓》も、靴を脱いで鑑賞できる作品。リストは家具やベビーベッドなど日常的なオブジェを作品の筐体にしたヴィデオ・スカルプチャーを多数制作してきました。

    白い円卓に映し出される万華鏡のようなイメージは、時間を忘れて見入ってしまいます。



    (手前)ピピロッティ・リスト《愛撫する円卓》2017年


    奥に進むと、さらに色彩に溢れた空間が広がります。ローテーブル、ソファ、フロアライト、棚など家具や小物が配置され、ところどころに小さな映像作品もあります。

    近年のリストは、日用品を用いた作品を発展させ、展示室全体でリビングルームのような空間をつくり、その世界観を体験できる大規模なインスタレーションを手がけています。



    ピピロッティ・リスト《箱根の静けさ》2020-2021年


    その奥には、巨大なスクリーンを使った映像作品。こちらも靴を脱いで見ることができ、映像に包まれるような鑑賞となります。

    寝転んで見る、覗き込む、映像を浴びるなど、リストの映像は多彩なスタイルが特徴的です。展示空間に「集まることで個々の人間がひとつの共同体として繋がるような仕組み」をつくり、経験の共有を生み出します。



    ピピロッティ・リスト《マーシー・ガーデン・ルトゥー・ルトゥー/慈しみの庭へ帰る》2014年


    「リラックスした状態で鑑賞」をさらに発展させたのが《4階から穏やかさに向かって》。ベッドに寝転び、全身を弛緩させながら、水面を下から見上げたような景色を鑑賞します。

    リストは、チューリヒ近郊を流れる旧ライン川にカメラを潜らせて撮影。泥や朽ちた藻、さまざまな生物などが流れる水中の世界と、上空に広がる陽光のきらめき、そして、水の中から見たリスト自身の姿などを示していきます。



    ピピロッティ・リスト《4階から穏やかさに向かって》2016年


    日本におけるピピロッティ・リストの大規模展は、2008年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催された「ピピロッティ・リスト:ゆうゆう」展以来、実に13年ぶり。

    京都から巡回し、本展が最後の会場です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年8月6日 ]

    ピピロッティ・リスト《バッファローで教えたことはない》2000年/2019年
    ピピロッティ・リスト《あなたの宇宙カプセル》2006年
    ピピロッティ・リスト《印象を消化する》1993年/2019年
    初期の短編ヴィデオも展示されています
    会場
    水戸芸術館現代美術ギャラリー
    会期
    2021年9月20日(月)〜10月17日(日) ※10月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)は優先入場予約日となります
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(入場は17:30まで)
    休館日
    月曜日 ※祝日の場合は翌火曜日
    住所
    〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
    電話 029-227-8111
    公式サイト https://www.arttowermito.or.jp/
    料金
    一般 900円/団体(20名以上)700円
    高校生以下/70 歳以上、障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料
    ※学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です。詳しくはお問合せください。
    ※一年間有効フリーパス → 「年間パス」2,000円

    ◎京都会場の入場券半券の提示で当日券が200円割引!
     ※1名様1回有効。招待券、招待状を除く。他の割引とは併用できません。
    展覧会詳細 ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島- 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    京都府
    2021年4月6日(火)〜6月20日(日) 京都国立近代美術館
    茨城県
    2021年9月20日(月)〜10月17日(日) ※10月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)は優先入場予約日となります 水戸芸術館現代美術ギャラリー
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    【アルバイト募集|展覧会会場運営】 [グランフロント大阪、大阪府立中之島図書館、THE BOLY OSAKA、船場エクセルビル など 大阪市内の指定された会場]
    大阪府
    【オープニングスタッフ】岐阜市子育て支援施設 運営スタッフ 募集 [岐阜市徹明通2-18(岐阜市柳ケ瀬子育て支援施設(開館予定日:2023年春)),開館前は岐阜駅付近に設置する事務所を想定]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと79日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと16日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと65日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと51日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)