読者
    レポート
    森村泰昌:ワタシの迷宮劇場
    京都市京セラ美術館 | 京都府


    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M081》2008年 ©Yasumasa Morimura


    京都市京セラ美術館新館東山キューブで、同館開館1周年記念展「森村泰昌:ワタシの迷宮劇場」が開催されています。

    日本を代表する現代美術家の一人、森村泰昌の大規模展覧会は、京都では、1998年の「『空装美術館』絵画になった私」以来ですので、森村泰昌ファンならずとも楽しみな展覧会です。

    展覧会は、渦巻き状の迷路のような空間と3つの部屋からなる4つのセクションで構成されていて、それぞれが微妙に絡み合い、まさに迷宮のようになっています。


    M式 写真回廊

    ここでは、1985年から撮影され、彼の制作の原点となった約800枚を超えるインスタント写真が展示されています。その質、量に圧倒されます。 名画の中の人物になった作品は、名画の中の人物でありながら、森村泰昌氏そのものです。



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M285》2007年頃 ©Yasumasa Morimura



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M073》2013年 ©Yasumasa Morimura



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M274》1988年 ©Yasumasa Morimura



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M275》1988年 ©Yasumasa Morimura


    歴史上の政治家などの人物にふんすることを通して「ワタシとは何か」「一人のワタシの中のたくさんの秘められたワタシ」を問いかけます。



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M131》2007年 ©Yasumasa Morimura



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M132》2009年頃 2枚組 ©Yasumasa Morimura


    撮りためてきた写真の中には、作品とは別に、実験的なポーズをとった写真などもあり、作者自身も知らなかった側面に触れることができるのは、今展覧会の醍醐味です。



    森村泰昌《ワタシの迷宮劇場 M177》1996年 ©Yasumasa Morimura


    夢と記憶の広場

    森村作品の最新作と言える動画映像の作品で、二つの向かい合わせになったスクリーンの中で、一人の作者が演じる30人の人物は、今までの作品の中で誰かが来ていた服を着ています。



    『京都市京セラ美術館開館1周年記念展 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場』展示風景


    衣装の隠れ家

    森村作品の成立に深くかかわった衣装や書籍を垣間見ることができるのが衣装の隠れ家です。スリットから覗き見ることができます。書物は、作者の記憶を象徴するものだとのことです。



    『京都市京セラ美術館開館1周年記念展 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場』展示風景



    『京都市京セラ美術館開館1周年記念展 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場』展示風景


    声の劇場

    森村氏の短編小説を作者自身が朗読する約25分間のサウンドインスタレーションで、4畳半の畳を中心に、作者の声、チェロ、光、お香の香りに包まれます。真っ暗闇の中で、さまざまな感覚が覚醒させられます。

    声の劇場は、各回完全入れ替え制で、入館時に入場時間の整理券をもらい、集合時間に集合場所に集まります。

    会場には、5つの門があり、どこから入って、どのように会場をまわっても自由。門には、布がたらされ、まるで鏡の中に入っていくような感じです。



    『京都市京セラ美術館開館1周年記念展 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場』展示風景


    会場内は、美術館のソリッドな壁と対極にある湾曲したゆらぐカーテン=布で仕切られ、 動線が示されていません。そんな空間を街歩きをする感覚で、展覧会場をさまい、さまよって迷子になることを楽しむ、まさに、「ワタシという名のラビリンス」を体験できます。



    『京都市京セラ美術館開館1周年記念展 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場』展示風景


    [ 取材・撮影・文:atsuko.s / 2022年3月12日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
    会期
    2022年3月12日(土)〜6月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
    休館日
    月曜日(3月21日、5月2日は開館)
    住所
    〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
    電話 075-771-4334
    公式サイト https://kyotocity-kyocera.museum/
    料金
    一般     2,000(1,800)円
    大学・専門学校生 1,600(1,400)円
    高校生 1,200(1,100)円
    小中学生   800(600)円
    未就学児無料
    ※( )内は前売・20名以上の団体料金。
    ※同館公式オンラインチケットサイトe-tix からの購入で各当日料金から100円引き。
    ※京都市内に在住・通学の小中学生は無料。
    ※障害者手帳等をご提示の方は本人及び介護者1名無料。確認できるものをご持参ください。
    展覧会詳細 森村泰昌:ワタシの迷宮劇場 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    刀剣博物館  受付・販売スタッフ募集 [刀剣博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと28日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと139日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと21日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと21日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)