IM
    レポート
    写真発祥地の原風景 幕末明治のはこだて
    東京都写真美術館 | 東京都
    幕末から明治に激動の時代を歩いた、はこだて(箱館・函館)にフォーカス
    日本の写真発祥の地のひとつ。ロシア人から技術を習得した、田本研造など
    当時のカメラや三脚、原板など貴重な撮影機材も展示。「組立暗箱」とは?

    約150年前に近代国家として歩みはじめた日本。北端の港湾都市だった箱館は函館に改称され、幕末期にはロシア人より伝えられた技術を起点に、写真文化が花開きました。

    幕末から明治にかけて激動の歴史を辿った、はこだて(箱館・函館)の姿を紹介する展覧会が、東京都写真美術館で開催中です。



    東京都写真美術館「幕末明治のはこだて」会場入口


    展覧会は第1章「はこだての歩み」から。まずこの章では、初期写真だけでなく、多くの資料から「はこだて」をひも解きます。

    現在の北海道に人類の定住が始まったのは、今から約3万年前。13世紀前後にはアイヌ文化の原型がつくられ、17-18世紀には和人の定住が本格化しました。

    函館とロシアの交流が始まったのは、寛成5(1793)年です。エカテリーナ2世の命を受け、大黒屋光太夫ら漂流民が函館に送り届けられました。



    作者不詳《寛成五年六月八日入港・七月十七日退帆函館渡来露船エカテリナ号乗組員像》寛成5(1793)年 函館市中央図書館


    安政7(1860)年には、初代ロシア領事館の付属聖堂として、函館ハリストス正教会復活聖堂が建立されました。明治元(1868)年には3名の日本人が洗礼を受けていますが、当時はまだ、キリスト教は禁止されていました。

    建物は明治40(1907)年の函館大火で全焼。現在の建物は大正5(1916)年に再建されたものです。



    池田種之助ほか《ハリストス正教会堂ほか》撮影年不詳 函館市中央図書館


    第2章は「はこだてを捉えた写真家と幕末・明治の写真技術」。箱館(函館)は、長崎、横浜などと並んで、日本における写真発祥の地のひとつです。

    田本研造(1831-1912)は、紀州(現三重県)生まれ。安政6(1859)年に箱館に渡り、壊疽のため右足を切断するという悲劇に見舞われますが、その治療中にロシア人医師らから指導を受けて写真の技術を取得しました。



    (左から)池田種之助《田本研造とその写場》上:明治末、下:明治11年 函館市中央図書館 / 田本研造《男性像》明治26年 東京都写真美術館


    武林盛一(1842-1908)は陸奥(現青森県)生まれ。田本研造から写真の技術を取得し、明治4(1871)年に函館で写真館を開業。後に開拓使写真御用掛にも任命されています。



    (左から)武林盛一《札幌駅》明治4-13年頃 / 武林盛一《札幌屯田兵村前の鉄道》明治4-13年頃 ともに東京都写真美術館


    この章ではカメラや三脚、原板など撮影機材も紹介されています。

    いかにもクラシカルな大きなカメラは、木製の本体に革の蛇腹を付けた折り畳み式。日本では組立暗箱と通称されました。職業写真家の標準的な機材として、昭和30年代まで長く使われました。



    製作者不詳《四切判野外用組立暗箱》20世紀前半 / 製作者不詳《野外用四切判暗箱三脚》20世紀前半 / 製作者不詳《野外用四切判暗箱ホルダー》20世紀前半 / C.P.ゲルツ《ダゴール 36cm F7.7(ベルリン C.P.ゲルツ製)レンズ》20世紀前半 / 製作者不詳《ソルントンシャッター》20世紀前半 すべて日本大学藝術学部


    第3章は「はこだて鳥瞰」。開拓使本庁が札幌に移転した後も、北海道における人と物資の入口は函館でした。

    人口が増加すると水質が悪化し、明治期の函館はコレラが蔓延します。近代的な上水道の整備が求められ、明治22(1889)年に上水道が完成。これは横浜に次いで、日本で2番目の早さです。



    東京都写真美術館「幕末明治のはこだて」展示風景 壁面のスライドショーは、田本研造《水導布設工事写真帖》《第ニ水道工事写真帖》より


    大型船の増加と土砂などの流出により、港の深さが不足してきたため、明治29(1896)年には函館港の改良工事が始まりました。

    明治期の弁天台場は解体され、防砂堤を築造。港の海底の土砂を取り除き、港内波浪を防ぐための埋め立て工事も行われました。工事は明治33(1900)年に完成。街並みも大きく変わりました。



    田本研造《函館港改良工事 弁天岬台場廃毀写真帖》明治30年 函館市中央図書館


    激動の時代をぎゅっと詰め込んだような展覧会。函館からも貴重な資料が数多く出品されています。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年3月7日 ]

    秋芳《奥州箱館之図》文久年間頃 市立函館博物館
    田本研造?/池田種之助(複写プリント)《旧幕府脱走軍》明治期/明治44年(複写プリント)函館市中央図書館
    撮影者不詳《函館市街全景 『曾経天覧 函館全景写真集』より》明治15年11月頃 函館市中央図書館
    田本研造《ハウル》明治7年以前 函館市中央図書館
    会場
    東京都写真美術館
    会期
    2022年3月2日(水)〜5月8日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(木・金は20:00まで)
    入館は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週月曜日(ただし3/21、5/2は開館)、3/22
    住所
    〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3  恵比寿ガーデンプレイス内
    電話 03-3280-0099
    料金
    一般 700(560)円/学生 560(440)円/中高生・65歳以上 350(280)円 ※( )は当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引料金。
    展覧会詳細 写真発祥地の原風景 幕末明治のはこだて 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    奈文研 展示企画アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所 展示企画室(奈良市二条町)]
    奈良県
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度任用職員(美術館学芸業務)を1名募集しています。 [下関市立美術館]
    山口県
    東京国立博物館アソシエイトフェロー(出版企画)募集 [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと117日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと68日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと12日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと19日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと5日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)