読者
    レポート
    モディリアー二 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    大阪中之島美術館 | 大阪府


    アメデオ・モディリアーニ《大きな帽子をかぶったジャンヌ・エビュテルヌ》 1918年 個人蔵


    約40年の準備の時を経て、今年2/2に開館した大阪中之島美術館では、開館記念特別展「モディリアーニ ー愛と創作に捧げた35年ー」が開催されています。国内では、14年ぶりとなるモディリアーニ回顧展になります。



    大阪中之島美術館


    モディリアーニの「髪をほどいた横たわる裸婦」は、大阪中之島美術館のコレクションの最初期の重要な一点であり、栄えある最初の企画展として、迷うことなくモディリアーニが選ばれました。



    アメデオ・モディリアーニ《髪をほどいた横たわる裸婦》 1917年 大阪中之島美術館


    同じモデルを描いた裸婦像が競演

    大阪中之島美術館を代表するコレクションの一つ、モディリアーニの「髪をほどいた裸婦」と同じモデルを描いた「座る裸婦」との対比が興味深いです。

    「座る裸婦」は、ベルギーのアントワープ王立美術館からの出品です。間近に2つを観る至福の時を堪能してください。



    (左から)アメデオ・モディリアーニ 《髪をほどいた横たわる裸婦》 1917年 大阪中之島美術館 / アメデオ・モディリアーニ 《座る裸婦》 1917年 アントワープ王立美術館蔵


    日本にも出会えるまたとない機会

    フランス、イギリス、ベルギー、デンマーク、スイス、アメリカなど国外からと、日本国内の美術館や個人所蔵の作品など、約40点のモディリアーニの代表作が集結します。日本初公開作品もあり、モディリアーニファンならずともとっても楽しみな展覧会になっています。

    南仏で描かれた少年の初々しい顔と塗りこめられた瞳に、モディリアーニは何を込めたのでしょうか?



    アメデオ・モディリアーニ《少年の肖像》 1918-19年頃 個人蔵


    ごつごつとした筆致で描かれたこの作品は、モデルの生命力が、あるいはモディリアーニの絵への思いが観る者に迫ってきます。



    アメデオ・モディリアーニ《ドリヴァル夫人の肖像》 1916年頃 イム・オーバーシュテーク財団(バーゼル美術館に永久貸与)


    モディリアーニの代表作と言えば、肖像画とヌードですが、ヌードの一つ、「横たわる裸婦(ロロット)」も日本初公開です。

    モディリアーニは、生前唯一の個展を開きましたが、その際に窓から群衆が集まり、警察が介入したというエピソードも伝えられています。



    アメデオ・モディリアーニ《横たわる裸婦(ロロット)》 1917-18年頃 個人蔵


    女優グレタ・ガルボが生涯にわたって愛蔵した「少女の肖像」が世界初公開!

    スウェーデン生まれで、ハリウッドのサイレント映画、トーキー映画の初期に大活躍した女優のグレタ・ガルボは、映画界を引退してから美術品収集に力を入れました。 彼女のニューヨークの広大な住宅の壁一面に約100点の絵画があったと伝えられています。

    その中の一点「少女の肖像」は、今回、世界で初めての公開となります。世界初公開の絵を堪能してください。



    アメデオ・モディリアーニ《少女の肖像》 1915年頃 グレタ・ガルボ・ファミリー・コレクション


    日本にモディリアーニの名を知らしめた中原實

    この中原實の「モジリアニの美しき家婦」は、1923年の第10回二科展に入選し、評判を博しました。絵の題名もあり、日本でモディリアーニの名と作風を広めたと言われています。



    中原實《モジリアニの美しき家婦》 1923年 東京都現代美術館蔵


    今展覧会では、モディリアーニの代表作の他、モディリアーニと同時代に活躍したピカソや藤田嗣治など「エコール・ド・パリ」の作品も多数出展されているのも、美術ファンにはうれしい限りです。



    会場風景

    [ 取材・撮影・文:atsuko.s / 2022年4月8日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    大阪中之島美術館
    会期
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    もうすぐ終了[あと12日]
    住所
    〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
    電話 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター)
    公式サイト https://modi2022.jp/
    展覧会詳細 モディリアー二 ー 愛と創作に捧げた35年 ー 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    枚方市立生涯学習市民センターサポートスタッフ募集(学芸員) [南部生涯学習市民センターまたは文化生涯学習課]
    大阪府
    府中市郷土の森博物館プラネタリウムアルバイト募集 [府中市郷土の森博物館]
    東京都
    【学校法人武蔵野美術大学】嘱託職員募集(美術館業務) [武蔵野美術大学 美術館・図書館]
    東京都
    徳島県立あすたむらんど子ども科学館契約社員募集 [徳島県立あすたむらんど子ども科学館]
    徳島県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと81日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと9日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    バンクシーって誰?展 ― WHO IS BANKSY?
    開催中[あと49日]
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    4
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと4日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード