IM
    レポート
    愛のヴィクトリアンジュエリー
    八王子市夢美術館 | 東京都
    ヴィクトリア時代のイギリス王室にまつわるアンティークジュエリーの数々
    ダイアナ元妃が24歳の誕生日に宝石商から贈られたダイヤモンドリングも
    あわせて、アフタヌーンティーの豪奢な銀食器やアンティークレースも展示

    1837年、18歳で即位したヴィクトリア女王。64年間にわたる長い治世はさまざまな文化に影響を与え、ジュエリーの分野も大きな変革が起こりました。

    19世紀に芸術品として花開いたアンティーク・ジュエリーの世界を中心に、華麗な英国の伝統と文化、栄華のさまを紹介する展覧会が、八王子市立夢美術館で開催中です。



    八王子市夢美術館「愛のヴィクトリアンジュエリー」会場入口


    会場はプロローグでヴィクトリア女王が紹介されています。この時代の英国は、産業革命で大きく発展。富裕層の増加は宝飾品需要に繋がり、ジュエリー文化は大きく発展しました。

    第1章は「アンティーク・ジュエリー」。アンティーク・ジュエリーは100年以上前に作られたジュエリーのことです。本展では、英国の18世紀から19世紀に焦点を当て、王室にまつわる宝飾品をはじめとするコレクション、約200点を紹介します。



    (左)E.X.ヴィンターハルター工房《若き日のヴィクトリア女王》1842年頃


    同一の素材とデザインで作られた揃いのジュエリー(ティアラか髪飾り、ネックレス、ブレスレット、プローチ、イヤリング)をパリュールと呼びます。アイテムが完全でないものをスウィート、2種類のみのものはセットです。

    アイテムそのものも豪華ですが、特にオリジナルの箱が残っているものは貴重とされています。



    《シトリン&カラーゴールドパリュール》1830年頃 イギリス


    こちらは展覧会のメインビジュアルで使われているジュエリーです。

    中央のブローチは、ネックレスの下にペンダントとして下げることができます。



    《エメラルド&ダイヤモンドゴールドセット》1830年頃 イギリス


    ダイヤモンドが宝石の中心的な存在になったのは、18世紀にベルギーでブリリアントカットが開発されてからです。美しい輝きは、ヨーロッパ中で大流行しました。

    《ダイヤモンドスプレーブローチ》は、花束を結んだデザインです。ヴィクトリア女王が植物を好んだことから、植物モチーフのジュエリーは盛んにつくられました。



    《ダイヤモンドスプレーブローチ》19世紀中期 フランス


    ヴィクトリアン・ジュエリーの特徴として、素材や技法の豊かさがあげられます。

    この時代、ボヘミアンガーネットやベルリンの鉄、動物の角など、さまざまな素材がジュエリーになりました。



    《ベルリンアイアンワークペンダント》19世紀初期 ドイツ


    アンティークではありませんが、展示されているなかには興味深いジュエリーもあります。ひときわ目立つリングは、ダイアナ元妃の24歳の誕生日に、宝石商のルイ・ジェラールから贈られたものです。

    壁面にはチャールズ皇太子とダイアナ元妃の仲睦まじい写真もあります。悲劇的な結末は、この12年後の出来事です。



    《ダイアナ元妃のダイヤモンドリング》1985年 フランス


    展覧会ではジュエリー以外も紹介されており、第2章は「歓びのウェディングから哀しみのモーニング」です。

    ヴィクトリア女王は1840年にアルバート公と結婚。ベールにはイングランド地方で作られたホニトンレースが用いられ、結婚式でレースのベールを着用することが習慣になりました。

    結婚指輪を交換する儀式も、アルバート公がドイツから持ち込み、一般に広まりました。



    《オレンジブラッサム・ヘアオーナメント》19世紀後期 イギリス / 《ウェディングベール(ロング)》19世紀後期 イギリス / 《ウェディングベール(スクウェア)》19世紀後期 イギリス / 《ウェディングショール》19世紀後期 イギリス / 《ウェディングドレス》1840年頃 イギリス


    喪中に故人を偲んで身につけるのが、モーニングジュエリーです。1649年のチャールズ1世の死から、遺髪入りのジュエリーが広まりました。

    古代から魔除けとして身につけられてきたジェットも、1817年のシャーロット妃の葬儀以来、宮廷で身につけられるようになりました。



    《モーニングケープ》1870年頃 イギリス / 《モーニングドレス》1870年頃 イギリス


    第3章は「優雅なひととき アフタヌーンティー」。1662年にチャールズ2世に嫁いだポルトガルの皇女キャサリンによって、英国の宮廷に喫茶の習慣が広まりました。

    ヴィクトリア時代には紅茶文化が完成。19世紀半ばには、午後に紅茶を飲み軽食を取るアフタヌーンティーが、社交的な文化として発展しました。



    アフタヌーンティーのテーブルセッティング


    会場最後はレースが展示されています。レースはヴェネツィアとフランドルというふたつの地域で、1520年代に始まりました。

    当時のレースは宝石よりも高額で、富と権力の象徴であり、王侯貴族、特に男性の服飾に使われました。18世紀後半になると、ロマン主義的な風潮のなかで、女性たちに広まっていきました。



    (左から)《18世紀のブリュッセルとデヴォンシャーのボビンレース》 / 《ブリュッセルニードルポイントレース》


    展覧会は、穐葉(あきば)アンティークジュウリー美術館が所蔵するコレクションを紹介する企画展。同館は建物は閉鎖しているので、そのコレクションを見られるのは館外での企画展のみになります。

    東京での公開は久しぶりです。この機をお見逃しなく。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年7月12日 ]


    八王子市夢美術館「愛のヴィクトリアンジュエリー」会場
    《シードパールティアラ》19世紀初期 イギリス
    《インタリオ&ゴールドネックレス》1870年頃 北アフリカ
    《オレンジブラッサムヘアオーナメント》19世紀後期 イギリス
    会場
    八王子市夢美術館
    会期
    2022年7月1日(金)〜9月4日(日)
    開催中[あと26日]
    開館時間
    午前10時から午後7時(入館は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日(祝日の場合は開館し翌火曜日が休館)
    住所
    〒192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
    電話 042-621-6777
    公式サイト https://www.yumebi.com/
    料金
    一般900円 学生・65歳以上450円 中学生以下無料
    展覧会詳細 愛のヴィクトリアンジュエリー 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    東広島市立美術館 学芸員募集中! [東広島市立美術館]
    広島県
    川口市立科学館 サイエンスコミュニケーター急募!【契約社員】 [川口市立科学館]
    埼玉県
    契約職員募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [財団事務局、静岡市民文化会館、静岡音楽館、静岡科学館、静岡市美術館、静岡市歴史博物館、静岡市生涯学習センター各施設等]
    静岡県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと19日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと47日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと26日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと26日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと33日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)