IM
    レポート
    江口寿史イラストレーション展 彼女
    千葉県立美術館 | 千葉県
    漫画家・イラストレーターの江口寿史による女性像。巡回展が首都圏上陸!
    『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』ヒットで時代の寵児に
    女性の「らしさ」を見事に捉える抜群の感性と技術。現役の美人画家の頂点

    『すすめ‼パイレーツ』や『ストップ‼ひばりくん!』などで知られる、漫画家・イラストレーターの江口寿史(1956-)。

    「週刊少年ジャンプ」で連載された両作品は、70年代〜80年代にかけてファンを魅了しただけでなく、作中に同時代の若者の音楽やファッションを取り込みながら絵を描くことへの関心を高め、現在は日本を代表するイラストレーターとして活躍しています。

    江口の作品で、特に光るのが女性の描写。女性を描いた作品だけを集め、45年におよぶ創作を俯瞰する展覧会が、千葉県立美術館で開催中です。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 
    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」


    江口は熊本県水俣市生まれですが、中学生時代に千葉県に転居。ゆかりの地で開催される、ファン待望の展覧会という事になります。

    今回の展覧会は3つの展示室を使った大規模展。約500点というボリュームで、江口ワールドに包まれます。

    第1章「遭遇 │ ポップの美神たち」は、CDジャケットや本の表紙を大型キャンバスに出力したもの。ポップな魅力がはじけます。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第1章「遭遇 │ ポップの美神たち」
    第1章「遭遇 │ ポップの美神たち」


    第2章からは、ほぼ年代順。まずは連載マンガの扉絵や単行本カットの原画などを展示しています。

    連載マンガを描いていた当初は、作画には興味がなく、ギャグの事ばかりを考えていたという江口。少し意外に思えます。

    着彩にはパントーン(色がついた半透明シール状の画材)を使ったり、コミック用のマーカーを使ったりと、さまざま。修正の跡など、原画ならではの魅力も味わえます。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第2章「恋慕 │ マンガからイラストレーションへ 1977年~」
    第2章「恋慕 │ マンガからイラストレーションへ 1977年~」


    続いて、1999年から2000年に描かれた、週刊コミック誌の表紙を飾った作品。この頃までが、最後の手塗り作品になります。

    下絵と並んでいる作品もあるので、比べながらお楽しみください。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第3章「素顔 │ 美少女のいる風景 1999~2000年」
    第3章「素顔 │ 美少女のいる風景 1999~2000年」


    ワインを手にした女性が並ぶのは、季刊「リアルワインガイド」(リアルワインガイド社)の表紙絵。

    2002年の創刊号から現在でも続いており、すでに70点以上。下絵や線画も展示されています。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第4章「艶麗 │ ワインを持った女たち 2002年~」
    第4章「艶麗 │ ワインを持った女たち 2002年~」


    次の展示室では、CDジャケット画を中心に紹介。若者の持ち物やファッションを描いた作品も展示されています。

    Tシャツ、デニム、ジャージ、着くずした学生服など、どちらかというとブランドものではなく、日常的な装いが目につきますが、どの作品もとてもファッショナブルです。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第5章「青春 │ 音楽とファッション 2000年~」
    第5章「青春 │ 音楽とファッション 2000年~」


    最終章は近年の作品。吉祥寺商店街サンロードバナー20連作が目を引きます。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 第6章「慈愛 │ いまを生きる彼女たち 2014年~」
    第6章「慈愛 │ いまを生きる彼女たち 2014年~」


    また千葉展では『すすめ‼パイレーツ』扉絵イラストも特別展示されています。

    『すすめ‼パイレーツ』は、流山市を拠点とする架空のプロ野球チーム「千葉パイレーツ」の活躍を描きました。


    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」から 千葉特別展示『すすめ‼パイレーツ』扉絵イラストの世界
    千葉特別展示『すすめ‼パイレーツ』扉絵イラストの世界


    なにげない仕草の中に、女性の「らしさ」を感性は、江口寿史ならでは。連載漫画を描いている時から女性キャラの美しさには定評がありましたが、キャリアを重ねるに従い、ますます洗練さを増しているように思えます。間違いなく、現代最高峰の美人画家といえるのではないでしょうか。

    初日の会場には、江口の漫画を読んでいたと思われる世代の方が目につきましたが、ぜひ若い人にも見ていただきたい展覧会です。嬉しいことに、入館料も安価です(一般 500円)。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫、坂入美彩子 / 2022年10月29日 ]

    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」会場入口
    第1章「遭遇 │ ポップの女神たち」
    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」会場から
    第3章「素顔 │ 美少女のいる風景 1999~2000年」
    第4章「艶麗 │ ワインを持った女たち 2002年~」
    第5章「青春 │ 音楽とファッション 2000年~」
    千葉県立美術館「江口寿史イラストレーション展 彼女」会場から
    公式グッズ
    会場
    千葉県立美術館
    会期
    2022年10月29日(土)〜2023年1月15日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~16:30
    (入場は16:00まで)
    休館日
    月曜日(月曜日が祝祭日の場合は開館し、翌日休館)  年末年始(12月28日〜1月4日)
    住所
    〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
    電話 043-242-8311
    公式サイト http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/
    料金
    一般 500(400)円 高・大生 250(200)円 ※( )内は20名以上の団体料金
    中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
    ※入場制限を行う場合があります
    展覧会詳細 江口寿史イラストレーション展 彼女 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    奈文研 展示企画アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所 展示企画室(奈良市二条町)]
    奈良県
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度任用職員(美術館学芸業務)を1名募集しています。 [下関市立美術館]
    山口県
    東京国立博物館アソシエイトフェロー(出版企画)募集 [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと117日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと68日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと12日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと19日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと5日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)