IM
    レポート
    国宝 雪松図と動物アート
    三井記念美術館 | 東京都
    応挙の傑作、今年も登場
    今年もこの季節がやってきました。年末年始の三井記念美術館では恒例となった、国宝《雪松図屏風》の登場です。今回は動物に焦点を当て、動物が描かれた絵画や、動物をかたどった茶道具や工芸品をセレクトしました。
    展示室4 (最奥)国宝 円山応挙《雪松図屏風》江戸時代・18世紀
    (左奥から)《赤絵団龍文四方水指》明時代・17世紀 / 《古赤絵龍文水指》明時代・16世紀
    野々村仁清《信楽写兎耳付水指》江戸時代・17世紀
    (左奥から)円山応挙《蓬莱山・竹鶏図》江戸時代・寛政2年(1790) / 円山応挙《滝に亀図》江戸時代・天明8年(1788)
    特別出品 長沢芦雪《白象黒牛図屏風》江戸時代・18世紀 個人蔵
    (左から)高瀬好山《伊勢海老自在置物》明治~昭和時代 / 安藤緑山《染象牙貝尽置物》明治~昭和時代
    (左から)《青磁亀水注》明時代 / 《銅製蓮台象水注》明時代 / 《阿蘭陀孔雀筆架》17世紀
    (左から)《刺繍七賢人模様厚板唐織》明治時代 / 《紅地網目蝶罌粟模様厚板唐織》明治時代
    《百馬図巻》江戸時代
    「その時期にしか見られない」逸品を持つ美術館はいくつかありますが、東京で有名なのは、おそらくこの3点でしょう。GW前後の根津美術館《燕子花図屏風》、お正月の東京国立博物館《松林図屏風》、そしてこの三井記念美術館の《雪松図屏風》です(いずれも国宝)。

    東京で暮らしていると当たり前のように思いがちですが、その気になれば気軽に国宝の逸品を見に行けるという事は、美術ファン冥利に尽きるというもの。今年も眼福のひとときを満喫させて頂きたいと思います。

    今回の展覧会では、動物をテーマにした名品を同時に紹介。龍や獅子など想像上の動物も含めて、茶道具、絵画、工芸品などが並びます。

    まずは茶道具から。十二支が象られた丸釜、兎を彫った楽茶碗、味わいがある象の香炉など。野々村仁清《信楽写兎耳付水指》は、公式サイトの写真では分かりにくいですが、横に回ると兎の耳が張り出しています。

    国宝《雪松図屏風》は、例年のように展示室4の正面に鎮座しています。雪の中の松の姿を墨と金泥のみで表現した、円山応挙の傑作。雪の部分は紙の地色のため、雪景色にも関わらず「雪を描いていない」絵画でもあります。



    展示室4の絵画は、他も見どころがたくさん。沈南蘋《花鳥動物図》は、全11幅のうち動物が描かれている6幅を展示。沈南蘋が描く動物は、どことなく不気味です。

    長沢芦雪の《白象黒牛図屏風》は特別出品。同じ図柄は、エツコ&ジョー・プライスコレクションと、島根県立美術館にも所蔵されていますが、こちらは新出・初公開になります。

    茶室「如庵(じょあん)」では、国宝《志野茶碗(銘卯花墻)》も展示。日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、本阿弥光悦の白楽茶碗(銘不二山)と、この卯花墻の2碗のみです。

    展示室5は茶道具と工芸品。これまであまり展示されなかった《唐三彩馬》や《銀製白鹿置物》のほか、自在や牙彫などの「超絶技巧」系の工芸も並びます。

    《染象牙貝尽置物》は安藤緑山ですが、今まで「ろくざん」と読まれる事が多かった緑山は「りょくざん」が正しいとの事。近年ご遺族が見つかって、履歴が明らかになりました。

    展示室7は絵巻・仮面・漆絵額など。《十二類合戦絵巻》は、十二支の動物たちvs狸+その一味(狼・熊・狐など)の合戦。《狂言面 狐》はとてもリアルな表現です。

    象彦は今日まで続く京都の漆匠。4点紹介されている象彦の漆絵額の中で、大型の《遊鯉蒔絵額》は圧巻。餌に群がる鯉の姿を写実的に表現しました。

    国宝《雪松図屏風》は年明けから登場する事もありますが、今年は会期中を通して展示中。ゆっくり観覧したい方は、年内のほうが良いかもしれません。お早目にどうぞ。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年12月13日 ]

    美術展完全ガイド2019美術展完全ガイド2019

    晋遊舎(編)

    晋遊舎
    ¥ 1,080

     
    会場
    三井記念美術館
    会期
    2018年12月13日(木)~2019年1月31日(木)
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※夜間開館(ナイトミュージアム)を行う展覧会もあります
    月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は開館、翌平日が休館)
    展示替期間、年末年始、臨時休館日
    ※展覧会ごとの休館日は事前にご確認ください
    住所 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.mitsui-museum.jp/
    料金
    一般 1,000(800)円 / 大学・高校生 500(400)円 / 中学生以下 無料

    ※70歳以上の方(要証明)、また20名以上の団体は( )内の料金
    ※リピーター割引:会期中、一般券、学生券の半券をご提示いただきますと、2回目以降は団体料金になります
    ※障害者手帳を提示で本人及び介護者1名は無料
    展示会詳細 国宝 雪松図と動物アート 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと11日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと62日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと130日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと157日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと89日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    (公財)大阪府文化財センター考古学技師正規職員(中途採用)募集案内 [調査事務所等]
    大阪府
    横山美術館 学芸員(正規・1名)募集 [横山美術館]
    愛知県
    【京都国立近代美術館】 2020年度スタッフ募集スタート!! [京都国立近代美術館]
    京都府