IM
    レポート
    サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展
    千葉市美術館 | 千葉県
    重要な浮世絵師ながら多くの作品が海外に流出。世界初の大・鳥文斎栄之展
    同時代のライバルは喜多川歌麿。長身で楚々とした独自の美人画様式を確立
    ボストン美術館から15点、大英博物館から14点が里帰り。新発見作品も5点

    浮世絵の黄金期とされる天明〜寛政期(1781-1801)に活躍した浮世絵師、鳥文斎栄之(ちょうぶんさい・えいし1756−1829)。長身で楚々とした独自の美人画様式を確立した重要な浮世絵師ですが、多くの作品が海外に流出したこともあり、国内で栄之の全貌を知ることは難しくなっていました。

    このたび、ボストン美術館から15点、大英博物館から14点が里帰りするなど、栄之の作品が国内外から集結。世界初の大・鳥文斎栄之展が、千葉市美術館で始まりました。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」美術館入口
    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」美術館入口


    鳥文斎栄之は祖父が勘定奉行という、れっきとした旗本出身です。17才で家督を継ぎ、絵を描くことを好んだ第10代将軍徳川家治の絵具方を務めました。

    寛政元年(1789)には早くも隠居し、浮世絵に道を絞った栄之。《関ヶ原合戦図絵巻》は、武士としての出自が感じられる作品です。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥文斎栄之《関ヶ原合戦図絵巻》文政(1818-30)前期頃 奈良県立美術館蔵[前後期で巻替]
    鳥文斎栄之《関ヶ原合戦図絵巻》文政(1818-30)前期頃 奈良県立美術館蔵[前後期で巻替]


    現在では高い知名度を誇る絵師でも、デビュー時には細判の役者絵など小さな画面の作品が多いなか、栄之は大判で、しかも見応えがある続絵の仕事を多く与えられるなど、恵まれたスタートを切りました。

    豪華な屋形船を描いた《吉野丸船遊び》は、男性客が描かれていないので、美人画として仕立てられた作品です。栄之は隅田川をテーマにした続絵を得意にしており、晩年までしばしば手がけています。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥文斎栄之《吉野丸船遊び》天明7-8年(1787-88)頃 千葉市美術館蔵[全期間展示]
    鳥文斎栄之《吉野丸船遊び》天明7-8年(1787-88)頃 千葉市美術館蔵[全期間展示]


    同時期に活躍し、栄之のライバルといえる存在が、喜多川歌麿です。両者は美人画を得意とし、主題にも共通点が見られます。

    栄之の作品を多く手がけた版元は、老舗の西村屋与八。一方の歌麿を重用したのは、新興版元の蔦屋重三郎です。同じ美人画でも、栄之の全身座像に対して、歌麿は大首絵が主流。両者は別のブランド戦略を取り、棲み分けが意識されていたとも考えられます。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥文斎栄之《若那初衣装 松葉屋染之助 わかき わかば》寛成6年(1794)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示]
    鳥文斎栄之《若那初衣装 松葉屋染之助 わかき わかば》寛成6年(1794)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示]


    浮世絵の黄金期とされる天明・寛政期(1781-1801)には、鮮やかな紅色の作品が好まれる一方、意識的に紅色を使わない「紅嫌い」の作品も出版されました。

    多くの絵師が「紅嫌い」の作品を描いていますが、閑雅な趣をもたらすこの色合いは、栄之の作品にぴったり。栄之は「紅嫌い」の作品を最も多く出版した浮世絵師でもあります。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より (左から)鳥文斎栄之《風流やつし源氏 朝顔》天明7-8年(1787-88)頃 大英博物館蔵  / 鳥文斎栄之 《風流やつし源氏 松風》寛成4年(1792)頃 大英博物館蔵[ともに全期間展示]
    (左から)鳥文斎栄之《風流やつし源氏 朝顔》天明7-8年(1787-88)頃 大英博物館蔵  / 鳥文斎栄之 《風流やつし源氏 松風》寛成4年(1792)頃 大英博物館蔵[ともに全期間展示]


    栄之は旗本出身ということもあり、作品に描かれる世界も、品の良い上流層の女性や、教養を感じさせる古典主題の題材が目にとまります。

    連作《風流略六芸》で描かれている六芸とは、中国の士大夫階級の人々が修めるべき技芸のことです。絵では六芸になぞらえて琴・十種香・茶湯・和歌・生花・画が描かれています。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より (左から)鳥文斎栄之《風流略六芸 画》寛政5-6年(1793-94)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示] /鳥文斎栄之《風流略六芸 琴》寛政5-6年(1793-94)頃 慶應義塾蔵[展示期間:1/6~1/21]
    (左から)鳥文斎栄之《風流略六芸 画》寛政5-6年(1793-94)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示] /鳥文斎栄之《風流略六芸 琴》寛政5-6年(1793-94)頃 慶應義塾蔵[展示期間:1/6~1/21]


    栄之には多くの門人がおり、鳥高斎栄昌、鳥橋斎栄里、一楽亭栄水らが知られています。

    ただ、栄之の門人たちはその出自がわかっていない事が多く、ひょっとしたら門人たちもまた武家の出身だったため、出自を明かすことに抵抗があったのかもしれません。

    鳥高斎栄昌による《郭中美人競 大文字屋内本津枝》は、錦絵ながら現存するのはこの1点のみ。極めて貴重な作品です。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥高斎栄昌《郭中美人競 大文字屋内本津枝》寛政9年(1797)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示]
    鳥高斎栄昌《郭中美人競 大文字屋内本津枝》寛政9年(1797)頃 ボストン美術館蔵[全期間展示]


    天明期(1781-89)末は、武家と町人が相混じって狂歌に熱中するグループが多く出現。浮世絵界とも結びついて、豪華な出版物が盛んに制作されました。

    栄之自身も狂歌師との交流が深く、天明期を代表する文人・狂歌師の大田南畝の肖像画を肉筆で多く残しています。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥文斎栄之/大田南畝讃《大田南畝像》文化11年(1814)頃 東京国立博物館蔵[展示期間:1/6~2/4]
    鳥文斎栄之/大田南畝讃《大田南畝像》文化11年(1814)頃 東京国立博物館蔵[展示期間:1/6~2/4]


    寛政の改革で幕府の出版規制が強まった影響か、寛政10年(1798)頃から、栄之は肉筆画に集中するようになります。その後約30年弱にわたり、華やかな美人画を次々と生み出していきました。

    本展では新発見の作品もいくつかあり、《和漢美人競艶図屏風》もそのひとつ。中国と日本の伝説の美人が3人ずつ配されており、左から、趙飛燕、紫式部、楊貴妃、清少納言、王昭君、小野小町と思われます。栄之は中国の装いや調度品にも詳しかったことが分かります。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 鳥文斎栄之《和漢美人競艶図屏風》文政(1818-30)前期頃 個人蔵[全期間展示]
    鳥文斎栄之《和漢美人競艶図屏風》文政(1818-30)前期頃 個人蔵[全期間展示]


    西欧でジャポニスムが流行すると、多くの栄之の作品が海外に渡り、愛好されました。栄之の作品はもともと摺られた数が多くなかったと考えられており、日本国内ではさらに貴重な作品になりました。

    エピローグでは錦絵や肉筆浮世絵を集めていた海外のコレクターらの売立目録が紹介されています。


    千葉市美術館「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」会場より 『希少で価値の高い浮世絵版画 アーサー展フィッケコレクション』1920年2月1日 千葉市美術館[全期間展示]
    『希少で価値の高い浮世絵版画 アーサー展フィッケコレクション』1920年2月1日 千葉市美術館[全期間展示]


    旗本出身ならでは、というまとめ方はやや乱暴かもしれませんが、上品な作風はとても魅力的な鳥文斎栄之。本展で初公開となる新発見の作品も5点出展されています(すべて肉筆画、全期間展示)。お見逃しなく。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2024年1月5日 ]

    鳥文斎栄之《傘下二美人図》天明6年(1786)頃 大英博物館[全期間展示]
    鳥文斎栄之《川一丸船遊び》寛政8-9(1796-97)頃 ボストン美術館[全期間展示]
    鳥文斎栄之《青桜美撰合 初買座敷之図 扇屋瀧川》寛政6年(1749)頃 東京国立博物館蔵[展示期間:1/6~2/4]
    (左から)礫川亭永理《見返り美人図》文化期(1804-18)後期頃 摘水軒記念文化振興財団蔵 / 酔月斎栄雅《立美人図》享和(1801-1804)-文化(1804-1818)期 摘水軒記念文化振興財団蔵(千葉市美術館寄託) / 弄春斎栄江《見立普賢菩薩図》寛政(1789-1801)後期-文化(1804-18)前期頃 摘水軒記念文化振興財団蔵(千葉市美術館寄託)[展示期間(3点とも):1/6~2/4]
    鳥文斎栄之《立美人図》文化(1804-18)後期 摘水軒記念文化振興財団蔵(千葉市美術館寄託)[全期間展示]
    鳥文斎栄之《貴人春画巻 第1図、第2図》文化6年(1809)個人蔵[全期間展示]
    会場
    千葉市美術館
    会期
    2024年1月6日(土)〜3月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時-午後6時 (入場は午後5時30分まで)
    金曜日・土曜日は午後8時まで (入場は午後7時30分まで)
    休館日
    毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
    年末年始(12月29日-1月3日)

    ※上記の休館日以外にも、展示替え等のため展示室が閉室となる場合がございます。
     展覧会スケジュールをご確認のうえご来場ください。
    住所
    〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
    電話 043-221-2311
    公式サイト https://www.ccma-net.jp
    料金
    一般1,500円(1,200円)、大学生800円(640円)、小・中学生、高校生無料
    展覧会詳細 サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【古代オリエント博物館】受付・ミュージアムショップ スタッフ募集! [公益財団法人 古代オリエント博物館]
    東京都
    つくばエキスポセンタースタッフ募集 [つくばエキスポセンター]
    茨城県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと112日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと8日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    4
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    超・日本刀入門 revive
    開催まであと7日
    2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと43日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)