読者
    レポート
    Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara
    ヤマザキマザック美術館 | 愛知県

    名古屋のヤマザキマザック美術館で、現代美術家の藤原更の「Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara」展が始まりました。

    展覧会の説明によれば、藤原の「Photograph」とは「光で描く」とあります。写真を「写す」のではなく、「描く」とは、どのような作品なのか、とても興味を惹かれます。



    美術館入口


    本展は、「花三部作」(蓮・薔薇・芥子)から、およそ30点の作品を選び、3章+αに分けて展示しています。展示室は暗めに調光され、それぞれの作品がスポットライトで浮かび上がり、厳粛な雰囲気です。 それでは、順番に作品を見ていきましょう。



    展示室入口


    第一章 蓮 NEUMA

    綺麗な青やパステル調の色合いの作品です。細い線が何本も重なり合い、不思議な奥行き感があります。



    会場風景 アーティストトークの様子


    色調をデジタル処理したように見えますが、ストレート写真です。4×5のインスタントフィルムを現像する際に、様々な手を加え、この色調を出しているそうです。



    会場風景 左から《Neuma05》撮影:2011年 プリント年:2012年 《Neuma06》撮影:2011 プリント年:2012年


    第二章 薔薇 LA VIE EN ROSE

    薔薇の花を写した作品です。作品の前をゆっくりと動いて、鑑賞してください。不思議なことに、鑑賞者に反応して見え方が変化します。



    会場風景 アーティストトークの様子 《La vie en rose 05》 撮影:2014年 制作年:2015年 プリント年:2015年


    色温度という言葉を聞いたことはありますか。色温度が高いと光は青味がかかり、低いと赤味がかかるそうです。このシリーズでは、色温度を利用して、作品の印象を際立たせています。

    第三章 芥子 MELTING PETALS

    大きな赤色の塊が、にじむように広がる作品です。ずっと昔に見た花畑の様子を、当時の記憶をもとに再現したそうです。



    会場風景 アーティストトークの様子



    会場風景


    布を使ったインスタレーションが天井から吊るされ、展示室全体が夕焼けの色で埋め尽くされています。



    会場風景


    UNCOVERED PRESENT

    藤原の新しい挑戦を垣間見せています。残念ながら、このコーナーは撮影禁止なので、お見せできる写真がありません。ヒントは、2.5次元を写真で表現した作品です。


    本展を見ると、写真とは、こういうものですと説明することにためらいを感じる驚きがあります。同時に、写真とは、どこまでも自由に表現を広げられる技法だと感心します。

    本展の会期中、担当学芸員によるギャラリートークが予定されています。事前に展示を見てから、参加することをお勧めします。写真表現の枠を超える藤原の作品を、ぜひお楽しみください。

    本展の展示趣旨に沿い、読み解くことよりも感じることを大切にするため、本レポートでは作品説明を控えめにしています。

    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2024年4月27日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    ヤマザキマザック美術館
    会期
    2024年4月26日(金)〜6月30日(日)
    開催中[あと43日]
    開館時間
    平日 午前10時から午後5時30分
    土日祝 午前10時から午後5時
    (最終入館は閉館30分前まで)
    休館日
    月曜日※4月29日、5月6日は開館 、5月7日(火)
    住所
    〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵一丁目19番30号
    電話 052-937-3737
    料金
    一般:1,300円(10名様以上1,100円)
    小・中・高生:500円
    小学生未満:無料
    展覧会詳細 Photograph 記憶の花 藤原更 Sarah Fujiwara 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    刀剣博物館  受付・販売スタッフ募集 [刀剣博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと29日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと140日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと22日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと22日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    開催中[あと15日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)