IM
    レポート
    前田寛治と小島善太郎 1930年協会の作家たち
    八王子市夢美術館 | 東京都
    パリで親交を結んだ二人の歩み
    小島善太郎と前田寛治。パリで親しく交わり「1930年協会」の結成に参画した二人の作品を中心に紹介する展覧会が、小島が半生を過ごした八王子で開催中です。
    (左から)前田寛治《西洋婦人像》/前田寛治《ブルターニュの女》
    (左から)前田寛治《街の風景》/前田寛治《工場内部》/前田寛治《立っている労働者》
    (左から)前田寛治《裸婦》/前田寛治《仰臥裸婦》
    (左から)小島善太郎《青い帽子(テレサの像)》/小島善太郎《ナポリの老婆A》
    (右)小島善太郎《壷と野菜》
    小島善太郎から前田寛治への葉書
    (左から)前田寛治《海》/前田寛治《海》
    (左から)小島善太郎《ラ・リューシュと老画家》/小島善太郎《清春芸術村の桜》/小島善太郎《笛を吹く男》
    (左から)小島善太郎《裸女》/小島善太郎《花と人形》
    開館10周年を迎えた八王子市夢美術館。小島善太郎はコレクションの柱の一つでもあり、今までも何回か小島をテーマにした展覧会を開催しています。今回は前田寛治の故郷である鳥取県立博物館などからも、多数の優品が揃いました。

    展覧会は3章構成、第1章は「前田寛治、小島善太郎 それぞれのパリ」です。小島は29歳だった1922年、前田は翌年26歳でパリに留学。留学前には面識がある程度だった二人ですが、同年代ということもありパリで親しく交際します。


    会場入口から

    印象派や未来派など当時流行した絵画を志向する留学生も多い中、古典絵画に関心を示した二人。ともに真面目な性格で、実直に絵画技法を研究しました。

    前田はレアリスムに傾倒、一時はマルクス主義の影響で労働者も描きました。留学の総括として選んだのが婦人像と裸婦で、展示されている《仰臥裸婦》は、マネ《オランピア》との類似性が指摘されています。

    小島はルーブルで古典の模写に没頭。ティントレットの大作《スザンナと長老たち》を2年かけて模写しました。憂いを帯びた表情の婦人像は、小島が恋仲になったテレサ。小島には婚約者がおり、テレサも人妻だったため、この恋は成就しませんでした。


    前田寛治《仰臥裸婦》と、小島善太郎《青い帽子(テレサの像)》

    第2章は「パリから東京へ 前田寛治と1930年協会」。1925年に帰国した二人は翌年、木下孝則、里見勝蔵、佐伯祐三を加えた5人で「1930年協会」を結成します。

    1930年協会は会員も増えて隆盛しますが、佐伯がパリで客死、里見勝蔵が脱会、前田も病に倒れて33歳で死去してしまいます。結局、新に発足した独立美術協会に合流するように消滅。最後の展覧会は、奇しくも会の名前と同じ1930年でした。

    絵画とともに紹介されている資料の中で、ユニークな「出前注文票」。1930年協会の第2回展のもので「12時半までに之にかかぬと注文せぬ」の書き込みと、注文した品が列記されています。表から読むと、ウナギが流行っていたようです。


    第2章「パリから東京へ 前田寛治と1930年協会」

    第3章は「1930年以降の小島善太郎 人と芸術」。新に結成された独立美術協会でも小島善太郎は中心的な存在でした。独立美術協会は1931年に第1回展を開催、現在まで続く有力団体に成長しました。

    小島は1932年から現在の八王子市に転居。自然に囲まれた暮らしの中でのびのびと制作を続けるとともに、近隣の美術愛好家や子どもたちにも絵を指導し、地域にも愛され続けました。


    第3章「1930年以降の小島善太郎 人と芸術」

    小島善太郎は最晩年には隣の日野市に転居。青梅市に小島善太郎美術館の建設も進んでいましたが、開館1ケ月半前に91歳で死去。日野ではアトリエも公開されています。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年12月18日 ]

    写実の要件

    前田 寛治 (著)

    中央公論美術出版
    ¥ 4,200

     
    会場
    会期
    2013年12月7日(土)~2014年2月2日(日)
    開館時間
    10:00~19:00(入館は18:30まで)
    休館日
    月曜日(祝日の場合、翌日火曜日が休館) および12月29日から1月3日
    住所
    東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
    電話 042-621-6777
    公式サイト http://www.yumebi.com/
    料金
    一般 500(400)円/学生(小学生以上)・65歳以上 250(200)円/未就学児無料
    ※()内は15名以上の団体料金
    ※土曜日は小中学生無料
    展覧会詳細 前田寛治と小島善太郎 1930年協会の作家たち 詳細情報
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県
    公益財団法人静岡市文化振興財団正規職員【静岡市美術館 学芸員(西洋美術又はデザイン、工芸学芸員)】募集 [静岡市美術館]
    静岡県
    川口市職員採用試験(学芸員・考古学専攻) [川口市役所]
    埼玉県
    さいたま市職員採用選考「学芸員(考古)」 [さいたま市教育委員会等]
    埼玉県