大竹伸朗 ビル景 1978-2019


水戸芸術館現代美術ギャラリー

〒 310-0063
茨城県 水戸市 五軒町1-6-8

公式サイト

期間

2019年07月13日~2019年10月06日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。

本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が「ビル景」という絵画シリーズを描き続けていることに注目します。

「ビル景」とは、現在の風景をそのまま描いたものではありません。大竹の中に記憶された、香港、ロンドン、東京といった様々な都市の、湿度や熱、騒音、匂い。それらがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景です。

今回、多数の未発表作品から最新作まで800点以上を調査し、ビルシリーズ全作品集の発行とあわせて、可能な限り展示することで、「ビル景」シリーズの全貌を明らかにします。

デジタル技術全盛の現代において、一人のアーティストが数十年にわたり、自らの手で絵を描き、作り続けることの意味とは何か。本展を通じて感じてください。

料金

一般 900(700)円 / 高校生以下、70歳以上、障害者手帳をお持ちの方 無料 / 年間パス 2,000円

※( )内は前売券および20名以上の団体料金
※前売券は、展覧会開幕1カ月前から開幕前日まで、水戸芸術館窓口のみで販売します。

休館日

月曜日(ただし、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)

アクセス

■<電車>
JR「上野駅」から常磐線特急スーパーひたちまたはフレッシュひたちで65~85分、「水戸駅」下車。北口バスターミナル4~7番のりばから「泉町一丁目」下車、徒歩2分。
■<高速バス>
「東京駅」八重洲南口バスターミナルのりばから常磐高速バス赤塚又は茨大ルート水戸駅行きで、約100分、「泉町一丁目」下車。徒歩2分。
■<車>
「水戸I.C.」から国道50号線を水戸市街地方面へ約20分。
※水戸芸術館地下の市営五軒町駐車場をご利用ください。駐車場入口は芸術館北側東端です。(30分まで無料、1時間まで200円、以下30分ごとに100円/営業時間7時~23時)

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる