やなぎみわ展 神話機械


静岡県立美術館

〒 422-8002
静岡県 静岡市駿河区 谷田53-2

公式サイト

期間

2019年12月10日~2020年02月24日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~ )。《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴び、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となる一方、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始めます。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作で話題を集めるほか、台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。その舞台作品と並行し、日本神話をモチーフに、福島県内の果樹園で桃を撮影した新作シリーズを制作しており、今回、これらをまとめて、日本で初めて発表します。また本展に向け、京都、高松、前橋、福島の大学等と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出されます。 美術と舞台の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待望された約10年ぶりの本個展では、これまで以上にやなぎみわの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。

料金

一般 1,200(1,000)円 / 70歳以上 600(500)円 / 大学生以下 無料

※()内は前売および20名以上の団体料金。前売り券は10月1日(火)まで販売
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と、その付添者1名は無料
※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。

休館日

毎週月曜日(ただし、1月13日(月・祝)、2月24日(月・振休)は開館、1月14日(火)は休館) 年末年始休館:2019年12月29日(日)~2020年1月1日(水))

アクセス

JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(100円)、
JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、
JR「静岡駅」北口から静鉄バスで約30分、静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分または静鉄バスで約3分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる