《狂言面「猿」》

このキャラの応援メッセージを見る

狂言面「猿」伊藤通彦

早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

中世のせりふ劇「狂言」で用いられる、猿の面です。小猿の毛皮をめぐって猿まわしと大名が鋭く対立するものの、意外な展開でハッピーエンドに至る「靱猿(うつぼざる)」は、めでたいお祝いの気分に満ちた名作としても知られています。その「靱猿」をはじめ、「猿座頭(さるざとう)」「猿婿(さるむこ)」など、子どもが猿の面と着ぐるみで演じる猿の役は、愛くるしい姿としぐさが客席のハートをわしづかみにします。現代の面打ち師、伊藤通彦(いとうみちひこ/1942年生まれ)が古くから伝わる面を模写した作。縦19センチ×横15センチ、子どもサイズの逸品です。

担当者からのコメント:数え年の6歳から始めるとされる狂言師としての稽古は、「猿に始まり狐に終わる」と言われます。「靱猿」の小猿の役で初舞台を踏み、十数年から二十数年、様々な経験を積み重ねた上で、難曲「釣狐(つりぎつね)」の主役を演じて一人前の狂言師と認められる、その大事な初心の出発点がこの猿の面なのです。世に猿のコレクション多しといえども、猿に変身できるアイテムは他にはありますまい。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
大分県佐伯市職員 学芸員募集! [佐伯市役所]
大分県
メナード美術館 パート社員募集 [メナード美術館]
愛知県
福井市職員採用試験(学芸員(考古学)) [福井市郷土歴史博物館等]
福井県
展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと36日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
2
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
もうすぐ終了[あと8日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
3
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと15日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
4
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと15日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと22日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)