《萱草遊狗図》

この作品の応援メッセージを見る

萱草遊狗図伝毛益筆 中国・南宋時代(12世紀)

大和文華館

中国・南宋(1127~1279)の宮廷で活躍した画家、毛益が描いたといわれる作品です。おそらく宮廷で飼われていたとみられる、長毛種の親犬と4匹の子犬が描かれています。画面右に咲く萱草(カンゾウ)は、男子誕生の寓意をもつ植物であることから、子孫繁栄の願いがこめられた画であるとわかります。
水墨と彩色を用いて描かれた画中モチーフは、いずれも活き活きとした生命感にあふれ、宋代における動物画の水準の高さをうかがわせる優品です。
なお本作は、17世紀初頭までには日本に伝わったとみられ、狩野派の画家や英一蝶などが、本作をもとにした犬図を描いています。東アジアにおける犬モチーフの伝播を考えるうえでも重要な作品といえます。

担当者からのコメント:大きな口をあけた親犬に、すやすやと眠る子犬、赤いリボンをした子犬、虫にいたずらしようとする子犬など、それぞれの犬の愛嬌ある表情と動きに注目してください。犬たちの毛並みは、白色顔料、濃淡の墨の細い線をたんねんに重ねることであらわされています。
本作は2018年春の当館の展観「生命の彩―花と生きものの美術―」展(2018年2月23日〈金〉~4月8日〈日〉)で展示されます。犬たちの「もふもふ感」のひみつと愛くるしい姿を、ぜひ会場でご確認ください!

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
東京都
国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと83日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと71日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと71日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと14日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
5
お札と切手の博物館 | 東京都
お札を創る工芸官の伝統技
もうすぐ終了[あと1日]
2024年6月11日(火)〜7月15日(月)