《子犬と女》

このキャラの応援メッセージを見る

子犬と女中村琢二 油彩・画布 1968年 130.3×97.0cm、福岡県立美術館蔵

福岡県立美術館

作家の中村琢二(1897-1988)は福岡県宗像市出身の洋画家です。その実家に近い場所には、2017年に世界遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成遺産である宗像大社が鎮座しています。

東京帝国大学経済学部を卒業後、体調を崩して療養生活をしていたところ、「画家にでもなってみるか」と兄に勧められて画家となったという、なんとも呑気な動機ぶりです。しかし安井曾太郎に師事してメキメキと腕を上げ、安井が旗揚げした一水会で活躍し、同時に新文展や日展でも受賞を重ね、1981年には日本芸術院会員に推挙されました。琢二の画家としての素質を見抜いた兄・中村研一は、戦前の洋画界を牽引したスター作家です。この兄弟はともに戦後の洋画壇において重きを成しました。

琢二の得意としたのが、風景画と人物画です。秀でたデッサン力を活かしながら、細部に拘らずにさっぱりとした筆使いで軽快な雰囲気の画風を作り上げました。長男の妻をモデルにして描かれた本作も、ゆるぎない安定した構図の強さを有しながらも、柔和な色彩と添えられた愛犬によって和やかさがこの絵を支配しています。

担当者からのコメント:カラリストであった琢二の作品は、とても色合いが素敵です。人物画を彼が好んだ理由のひとつが、服装や背景を自由に配色できることでした。本作でも背景の明度の高い緑や灰色、そして上着の水色が、画面に爽快さを呼びこんでいます。そして黒も重要な要素です。背景のストライプと壁、女性の髪、スカートの格子柄、そして犬。上から下へと続く黒の流れを犬が受け止めています。中村家の愛犬は、絵の中でも大切な役割を果たしているのです。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。

干支 コレクション アワード

展覧会ランキング
1
福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
開催中[あと27日]
2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
2
三井記念美術館 | 東京都
特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
開催中[あと48日]
2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
3
茨城県近代美術館 | 茨城県
ムーミン コミックス展
もうすぐ終了[あと13日]
2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
4
三菱一号館美術館 | 東京都
テート美術館所蔵 コンスタブル展
開催中[あと90日]
2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
没後70年 吉田博展
開催中[あと27日]
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
広島県
小金井市立はけの森美術館学芸員(会計年度任用職員)募集 [小金井市立はけの森美術館]
東京都
高岡市立博物館 契約職員(学芸補助)募集 [高岡市立博物館]
富山県
高知県立牧野植物園 展示担当職員の募集 [高知県立牧野植物園]
高知県
京都産業大学神山天文台 嘱託事務職員募集 [京都産業大学 神山天文台]
京都府

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード