《青花月兎文栗鼠耳角扁壺》

この作品の応援メッセージを見る

《青花月兎文栗鼠耳角扁壺》 朝鮮 朝鮮時代(18~19世紀)浦上敏朗氏寄贈

山口県立萩美術館・浦上記念館


朝鮮王朝時代に作られた小さな扁壺で、両脇には栗鼠(りす)の形をした耳が付けられ、胴面の前後には円窓の中にそれぞれ月に住む兎(うさぎ)と太陽に住む烏(からす)が描かれています。前後で月と太陽を表わし年月を示していると考えられています。図柄は手慣れた筆致でゆったりと描かれ、その李朝(りちょう)独特の大らかな表現はわが国でも好んで愛されてきました。本作は生前の浦上敏朗氏がもっとも愛玩(あいがん)したお気に入りの作品として知られています。


担当者からのコメント

うさぎが二本足で立ち上がって不老長寿の薬を作っている姿が何とも愛くるしい。肩部には「壽」と「富」の文字が書かれ、お正月にふさわしい縁起のよい作品です。

こちらの作品は「やまぐちバーチャルアートミュージアム」(https://vam-yamaguchi.com/museum/)でも紹介しています。

解説動画はこちら → https://youtu.be/_DoWuVVVsmg


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
展覧会ランキング
1
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
開催中[あと27日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと131日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと20日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと6日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
デ・キリコ展
開催中[あと94日]
2024年4月27日(土)〜8月29日(木)