《うさぎ〈未知草カード〉第三より》

この作品の応援メッセージを見る

《うさぎ〈未知草カード〉第三より》 田中恭吉 1912年頃

和歌山県立近代美術館


〈未知草カード〉は、田中恭吉(1892–1915)が日々持ち歩いていた小さなスケッチブックに記した絵の断片をまとめたものです。そこには1910年、18歳の年に和歌山市から画家を志して上京した青年の、20歳頃までの日常やふとした関心が描きとめられています。特にこの第三集は、1912年の11月末から京都で個展を開催する竹久夢二に随行し、恩地孝四郎とともに京都へ赴いた際の様子をまとめたものです。このうさぎは、個展会場である京都府立図書館の近くにある京都市紀念動物園(現、京都市立動物園)で描いたのではないかと推測されます。恭吉は翌1913年10月に喀血、結核を発症し、1915年、23歳の若さで亡くなります。遺作の多くは親友となった恩地が大切に守り続けたことで、うさぎを記したこの小さな断片もいまに伝わりました。


担当者からのコメント

えんぴつ特有の柔らかい線がふわふわした毛並みを表しているようで触りたくなります。
色んな角度から見たうさぎは無表情なのに何を考えているのかなぁっと見入ってしまいました。
そっぽを向いた黒い子 こっちを向いてほしいなぁ。
当館は田中恭吉をはじめ、和歌山出身の芸術家の作品もたくさん所蔵しております。
ゆっくりと楽しんでいただける空間を作ってお待ちしておりますので近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
高知県立坂本龍馬記念館 学芸員募集中! [高知県立坂本龍馬記念館]
高知県
展覧会ランキング
1
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと29日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
2
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと57日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと64日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと57日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
特別展「中尊寺金色堂」
もうすぐ終了[あと1日]
2024年1月23日(火)〜4月14日(日)