ゆかたと藍の世界

    高松市美術館 | 香川県

    藍は、古くは奈良時代から現代に至るまで日本で衣服や布製品の染料として使用されてきました。中でも、ゆかたは、木綿が普及した江戸時代中頃から藍染と結びついて発展した染織品の代表でもあり、現代の私たちにとっても、藍染のゆかたは親しみのあるものとなっています。 本展では、ゆかたの歴史と変遷を振り返りながら、ファッションから現代アート作品まで「ゆかた」と「藍」をキーワードに紹介します。江戸時代の藍染衣装から、絹地に藍染が施された朝廷の女官の衣装、長板中形の技法で精緻な型染めをほどこしたゆかたなど、バリエーション豊かにお見せします。 また、現代に至って、伝統的な長板中形の技法で人間国宝(重要無形文化財保持者)に指定された清水幸太郎(1897-1988)や、松原定吉(1893-1955)と、孫にあたる松原伸生(1965- )、伝統に基づく藍染を現代の衣服に取り入れ進化させたファッションブランドmatohu、藍の産地・徳島で藍の歴史を研究しながら、自然発酵建にこだわった藍染布の制作を続ける森くみ子(1959- )、さらに藍を表現手段として、着物だけでなく現代アートに昇華させた福本潮子(1945- )らの作品も展示いたします。 世代を越えて多種多様に展開していく「ゆかた」と「藍」の世界をお楽しみください。
    会期
    2021年7月17日(土)〜8月29日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時(入室は閉館30分前まで)
    ※ただし金曜日・土曜日は午後7時閉館
    料金
    【一般】1,000円(800円)※65歳以上も一般料金
    【大学生】500円(400円)
    【高校生以下】無料
    ※( )内は前売及び20名以上の団体料金
    ※前売券は高松市美術館1階受付、高松市役所生協、ゆめタウン高松サービスカウンター、宮脇書店本店及び南本店にて7月16日(金曜日)まで販売。(詳細な販売開始時期は各店舗にお問い合わせください。)
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
    休館日 月曜日(ただし、8月9日(月曜日・振休)開館、翌8月10日(火曜日)休館)
    公式サイト https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/
    会場
    高松市美術館
    住所
    〒760-0027 香川県高松市紺屋町10-4
    087-823-1711

    展覧会ランキング
    1
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと27日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと191日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと28日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催まであと1日
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと156日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)金沢芸術創造財団 学芸員募集(金沢21世紀美術館) [金沢21世紀美術館]
    石川県
    特定非営利活動法人 茅ヶ岳歴史文化研究所 埋蔵文化財発掘調査員募集 [北杜市内発掘調査現場及び法人事務所]
    山梨県
    【学芸員歓迎】横浜人形の家 事業企画スタッフ(展示企画・製作/教育普及プログラム実施等)募集 [横浜人形の家]
    神奈川県
    公益財団法人 金沢文化振興財団 学芸員(正規職員)募集 [前田土佐守家資料館]
    石川県
    国立新美術館 学芸課 研究補佐員(美術資料室) 公募 [国立新美術館]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード