所蔵茶道具展

    茶道具にみる不易流行 -桃山から令和-

    桑山美術館 | 愛知県

    「不易流行」とは、変わらない「不易」な本質と時代を反映して変化する「流行」は根源において結合すべきであるという、松尾芭蕉が提唱した俳諧の理念に由来する言葉です。 伝統を踏まえ本質を忘れない中にも新たに変化したものを採り入れる流行性は、千利休によって大成された茶道にも示されます。唐物中心から「侘び」の思想が具現化された茶道具が用いられるようになり、さらに利休の高弟・古田織部が好んだとされる奇抜な意匠「織部好み」や、織部に茶を学んだ小堀遠州が「綺麗さび」の美意識を茶の湯に導入するなど、侘びの理念を継承しながら多彩な茶道具が使われ伝わり、時代を経て令和となった現代においてもさまざまな茶道具が作られています。 今回は中国から舶載された唐物に始まり、利休が好んだ黒楽茶碗や竹花入など侘びを表すものから、織部好みや遠州が指導したとされる茶碗や水指、さらに千家流家元ゆかりの品なども展示いたします。また伝統工芸を受け継いで発展させた昭和から平成にかけて活躍した工芸家による作品や、現在活躍中の伊藤秀人氏(陶芸)、加藤亮太郎氏(陶芸)、川合優氏(木工)、長谷川清吉氏(金工)の人気作家による茶道具もご覧いただきます。
    会期
    2023年9月7日(木)〜12月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~16:00
    料金
    一般500円 中高大学生300円
    障がい者手帳お持ちの方および同伴者1名は無料
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(9月19日 、10月10日、11月24日)
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト http://www.kuwayama-museum.jp
    会場
    桑山美術館
    住所
    〒466-0828 愛知県名古屋市昭和区山中町2-12
    052-763-5188
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)