写真特別展 「牛腸茂雄展」

    東京国立近代美術館 | 東京都

     牛腸茂雄は1946年に新潟に生まれ、桑沢デザイン研究所に学びました。グラフィックデザインを専攻していた牛腸は、彼が写真の授業で示した感性に注目した同校の講師、写真家・大辻清司の勧めで、写真専攻に転じます。彼が写真家として出発した60年代末、日常的な光景に淡々としたまなざしを向ける若い写真家たちが現れ、その動向が「コンポラ」という通称で呼ばれるようになりますが、牛腸はその代表的な一人と目されるようになります。  3歳の時に胸椎カリエスを患ったことで、牛腸は終生肉体的なハンディを負っていました。その制約の中で、『日々』(関口正夫との共著、1971)、『SELF AND OTHERS』(1977)、『見慣れた街の中で』(1981)の三冊の写真集や、インクブロットによる画集『扉をあけると』(1980)などを通じて、牛腸は日常世界における自己と他者の存在を見つめ続け、また精神世界の深みへと関心をひろげつつ、着実に仕事を展開していきます。しかし1983年、体調を悪化させ36歳の若さで世を去りました。  牛腸茂雄の死後すでに二十年という時間が経とうとしていますが、その作品はつねに静かな関心を集めてきました。それは自己と他者の存在への問いという、彼が写真を通じて取り組もうとしたテーマが、時代をこえた普遍性を持つからにほかなりません。今回の展覧会では、代表作となった写真集『SELF AND OTHERS』に収録された作品を中心に、その作品世界の深みと広がりをあらためて見つめ直したいと考えています。
    会期
    2003年5月24日(土)~7月21日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※金曜・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)
    料金
    一般 420(210)円 大学生 130(70)円 高校生 70(40)円 小・中学生、65歳以上無料 *( )内は20名以上の団体料金 *いずれも消費税込み
    休館日 月曜日(ただし7月21日は開館)
    会場
    東京国立近代美術館
    住所
    〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【利尻町立博物館】学芸員募集! [利尻町立博物館]
    北海道
    川崎市市民ミュージアム職員(総務)募集 [川崎市市民ミュージアム]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと26日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと130日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと19日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと93日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)