アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO

    京都市京セラ美術館 | 京都府

    みんなの感想

    キュレーションがよく、良い展覧会でした。
    評価
    コロナ禍で2年遅れで開催となり、単館開催。ウォーホルは2度京都を訪れているそうで、最初の2章は、ポップアートの旗手として有名になる前の作品を紹介し、京都や日本文化との関連性や京都で描いたドローイングや「タイム・カプセル」の資料などなかなか知られていなかったウォーホル初期の作品などを展示し興味深い。ウォーホルの故郷ピッツバーグのウォホール美術館の所蔵ばかりで構成され、無料でダウンロードできる音声ガイドも良かった。3章からは良く知っている作品が並ぶが、100点以上が日本初公開。ハリウッドスターに憧れ、NYでセレブリティに囲まれての華やかな日々の中、「アンディウォホール」自身をプロデュースしていた。実は敬虔なクリスチャンであったウォーホルの一面も窺えるものっではなかったか。ウォーホル最後の連作「最後の晩餐」は映画ダ・ヴィンチコードもフラッシュバックするも、展覧会を締めるに相応しい作品でした。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    イベントやグッズなど企画マネージャー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと83日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと20日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと69日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと55日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)