インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
【この募集情報は有効期限を過ぎました】
[NO.4849] 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集
会社・団体名 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所
担当者 研究支援推進部管理課総務係長 井上裕介
勤務地(都道府県) 東京都
勤務先(館名) 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所
TEL 03-3823-2244
FAX 03-3823-4939
メール inoue11@toubunken.go.jp
詳細ページURL https://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html
情報の公開日 2019年8月13日
有効期限 2019年10月4日
仕事内容 (1)職務内容
独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センターが行っている文化遺産の保護に関わる調査研究及び国際協力事業の遂行。
業務の詳細については,ホームページ(http://www.tobunken.go.jp)を参照してください。
(2)募集分野
文化財修復、文化財保存、材料分析などの知識と経験を生かし、紙本・絹本文化財の保護、特に修復材料・技法に関する調査研究、日本絵画修復及び人材育成・技術移転のプロジェクトにおいて事務作業を含む業務を執り行う。


採用日:令和元年12月1日付
雇用形態 その他
勤務時間 勤務時間:9:45~17:45(1日7時間,週35時間)
※休憩時間1時間(12:00~13:00)
休日・休暇 休 暇 等:年次有給休暇、夏季休暇、特別休暇等があります。
休   日:土・日曜日、祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)
※必要に応じ超過勤務、休日勤務等の可能性があります。
応募資格 (1)大学院修士課程(博士課程前期課程)修了またはこれと同等以上の学歴を有する者。
(2)文化遺産の保護における国際協力に関して意欲を有する者。
(3)文化財保存修復の実務経験を有する者が望ましい。文化財の修復実績は必ず国内外での活動歴(別紙様式3)に記載すること。
(4)Microsoft Officeの使用等、書類作成、報告書作成に必要なPCスキルを有すること。
(5)業務遂行上必要とされる言語(英語・日本語)の十分な能力を有する者。海外との連絡業務を行う上ため英語能力は履歴書の4以上が必須。
(6)2~3週間程度の海外出張が可能である者。
給与 給 与 等:独立行政法人国立文化財機構の定める規定によって支給します。
年俸 4,680,000円
・年俸の12分の1の額を毎月17日に支給します。
待遇 その他手当等
・該当時に支給される手当
通勤手当(月55,000円上限)、超過勤務手当、休日給及び夜勤手当を支給します。
応募方法 (1)応募書類
   ・履歴書(別紙様式1 写真貼付のうえ必ず押印のこと。)
   ・研究業績調書(別紙様式2)
・国内外での活動歴(別紙様式3)
   ・これまでの研究に基づく「東京文化財研究所での抱負」(別紙様式4)(2,000字程度、PC入力可)
・最終出身大学院の修了証明書(外国語で記載されている場合は日本語訳を添付。)
・成績証明書(大学学部以上のすべて。)(同上。)
   ・学位証明書(博士学位取得の場合提出。)(同上。)
   ・主たる論文の抜粋、著書、修復報告書等 3篇以内
冊子不可。冊子の場合は必ずA4片面コピーをとったものを提出すること。
修士・博士論文等提出時は,日本語で4,000字以内のレジュメを添付すること。
   ・TOEIC等の語学検定取得年月および点数等を履歴書(別紙様式1)の「語学欄」、「他の外国語欄」に記載し、公式認定証の写を添付すること。
(2)応募締め切り
令和元年10月4日(金)17時必着
提出書類を入れた封筒の表に「文化遺産国際協力センターAF 応募書類在中」と朱書きの上、提出期限までに書留便等にて郵送してください。なお、持参による提出も受け付けます。
(3)応募書類提出先
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 研究支援推進部管理課総務係
(4)応募書類は原則として返却しませんのでご了承ください。(全ての個人情報は、当法人の保有個人情報等管理規程に基づき厳正に管理します。当公募の応募書類は審査以外の目的に使用しません。)

応募書類のフォーマットは東京文化財研究所ホームページ(職員募集)に掲載しています。
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
Bunkamura
リヒテンシュタイン
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
カラヴァッジョ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社